ハンバーグのグラム(g)ごとの大きさと栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ハンバーグのグラム(g)ごとの栄養成分と、重量ごとに大きさの目安となる写真をまとめました。

ハンバーグやステーキ専門店であったり、ファミレスなどのメニューにグラムで表示されている事がありますが、実際どれくらいの大きさなのかピンときませんよね。
どれくらいの重さなら食べきれるか知りたい時や、家でハンバーグを作るときに肉をどれくらい買えばいいか、栄養成分も掲載しているのでダイエットや筋トレ中の方などもぜひお使いください。

なお、一人前はどれくらいにすればいいのか、平均これ位になるのではないかと予想したものは通りです。
20~30代の普通程度食べる方を想定しています。

男性 180g~300gくらいがおすすめ。
サイドメニューが付くとちょうどいいお腹のふくれ具合になりそうです。
がっつり食べたいときは150g~200g位増やすといいでしょう。
1ポンドが約450gくらいなので、上限の目安にいいと思います。
女性 120g~250gくらいがおすすめ。
サイドメニュー入れるとちょうどいいと思います。
がっつり食べたいときは50g~150g位増やすといいでしょう。

なお、ハンバーグのポンドとオンスの他にも、ステーキの重量、そして「レア」「ミディアム」「ウェルダン」など合計10種あるステーキの焼き加減についてもまとめていますので、よかったらご覧ください。

それではグラムごとのハンバーグの大きさを見ていきましょう。

写真はハンバーグの有名店に行って食べたものと、手作りしたものを掲載していて、手作りハンバーグについてはひき肉は牛豚混合のお肉で、すべてスーパーの西友で購入したものです。玉ねぎとパン粉と卵のみで作りました。

脂肪分を多く含む肉だと、焼き上げたときに油分が溶け出て小さくなったり、使っている材料によって結構大きさに違いが出てきますので、お店によって同じグラム数でも見た目が異なりますので、あくまで目安としてご覧ください。

栄養成分の数値は食べたお店や手作りしたハンバーグでなく、日本食品標準成分表の数値を元にしています。

目次
100g
手作りハンバーグ 100g(2017年6月)
手作りハンバーグ 100g(2017年6月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
100g 223kcal 13.3g 13.4g

何店舗か探しましたが100gのハンバーグを出しているお店は見つからなかったため作りました。
それ位ハンバーグ1人前としては少ない量。

ステーキやハンバーグの専門店だけでなく、ファミレスや定食屋さんでも多くの場合は130g~150gあたりからの提供が多いです。

写真にあるスキレットの内径は約17cmです。

目次に戻る

120g
あさくま 多摩川店「あさくまグリル(あさくまハンバーグ120g、サーロインステーキ100g)」(2017年6月)
あさくま 多摩川店「あさくまグリル」(2017年6月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
120g 267.6kcal 15.96g 16.08g

あさくまハンバーグ120gと、サーロインステーキ100gのコンボメニューです。
120gの単品ハンバーグだと物足りない量だと思います。
写真のようなコンボで提供されることが多いです。

目次に戻る

150g
ビッグボーイ 大森駅前店「炙り大俵ハンバーグ 150g」(2017年6月)
ビッグボーイ 大森駅前店「炙り大俵ハンバーグ 150g」(2017年6月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
150g 334.5kcal 19.95g 20.1g

この位のサイズが最小メニューとして提供されることが多いです。
小食の方であれば、ご飯やスープなどが付くセットメニューなら十分な量になると思います。

目次に戻る

180g
銭場精肉店 五反田「和牛100%ハンバーグ レギュラー 180g」(2016年1月)
銭場精肉店 五反田「和牛100%ハンバーグ レギュラー 180g」(2016年1月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
180g 401.4kcal 23.94g 24.12g

これ以下の大きさだと見た目にも「小さいな」と感じますが、180gだとハンバーグ1人前のイメージに入ってきます。
セットメニューにするのであれば、小食の方であったりダイエット中の場合はこの位か200gまでにしておいた方がよさそうです。

目次に戻る

200g
びっくりドンキー 東六郷店「エッグハンバーグステーキ 200g」(2017年7月)
びっくりドンキー 東六郷店「エッグハンバーグステーキ 200g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
200g 446kcal 26.6g 26.8g

セットメニューにするとちょうどいい量です。
普通に食べるとしたら200gか250g位がおすすめです。

多くのハンバーグ屋さんやファミレスのメニューで見かける一般的な重量です。

目次に戻る

220g
ハングリータイガー 横浜モアーズ店「オリジナルハンバーグステーキ 220g」(2017年7月)
ハングリータイガー 横浜モアーズ店「オリジナルハンバーグステーキ 220g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
220g 490.6kcal 29.26g 29.48g

単品だと少ない印象ですが、セットだと女性にちょうどいい量。
男性だとセットにしてもやや足りないと思います。

目次に戻る

250g
フライングガーデン 伊勢崎宮子店「爆弾ハンバーグ キング 250g Aセット」(2017年7月)
フライングガーデン 伊勢崎宮子店「爆弾ハンバーグ キング 250g Aセット」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
250g 557.5kcal 33.25g 33.5g

セットにするとある程度満足感を得られる量です。
パフェやアイスなどのデザートを注文するのであれば、これ位のサイズにしておくといいと思います。

目次に戻る

300g
びっくりドンキー 東六郷店「チーズバーグディッシュ 300g」(2017年7月)
びっくりドンキー 東六郷店「チーズバーグディッシュ 300g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
300g 669kcal 39.9g 40.2g

女性の場合はセットにすると多く感じる量です。
男性だと少し物足りないかもしれませんが、追加トッピングやご飯お代わりで対応できそうです。

目次に戻る

350g
アルカサール牧場 五反田店「Eセット 炭焼ハンバーグ 350g」(2017年7月)
アルカサール牧場 五反田店「Eセット 炭焼ハンバーグ 350g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
350g 780.5kcal 46.55g 46.9g

女性だと単品注文でも少し多め、セットだとお腹いっぱいになってきます。
男性だとセットなら満足できる量です。

目次に戻る

400g
ステーキ カフェ ケネディ 蒲田東口店「ラックアンガスハンバーグ とろ~りチーズデミグラスソース ダブル 400g」(2017年6月)
ステーキ カフェ ケネディ 蒲田東口店「ラックアンガスハンバーグ とろ~りチーズデミグラスソース ダブル 400g」(2017年6月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
400g 892kcal 53.2g 53.6g

350gを超え400g以上になってくると、ファミレスや定食屋さんではあまり見かけなくなります。
男性でもセットメニューだとお腹にたまる量です。
女性は単品でもきつくなってきます。

目次に戻る

450g
ゴールドラッシュ 本店「1ポンド ゴールドラッシュハンバーグ 450g」(2017年4月)
ゴールドラッシュ 本店「1ポンド ゴールドラッシュハンバーグ 450g」(2017年4月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
450g 1003.5kcal 59.85g 60.3g

テレビや雑誌などでときどき見聞きする「1ポンドステーキ」や「1ポンドハンバーグ」の重量が約453.6グラムなので、ほぼ同じサイズ。
とてつもなく大きいかと言えばそうでもありませんが、セットメニューだと男性でもお腹がふくれてきます。
女性だと単品ならギリギリ、セットだと完食が難しくなってきます。

目次に戻る

500g
ビリー・ザ・キッド 西蒲田店「ジャンボ・ハンバーグセット 500g」(2017年7月)
ビリー・ザ・キッド 西蒲田店「ジャンボ・ハンバーグセット 500g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
500g 1115kcal 66.5g 67g

500g以上になるとデカっ!と感じる大きさになってきます。
セットメニューだと男性でもおなかいっぱいになる量です。

目次に戻る

600g
ステーキのどん 大和店「3代目 横綱ハンバーグ 600g」(2017年7月)
ステーキのどん 大和店「3代目 横綱ハンバーグ 600g」(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
600g 1338kcal 79.8g 80.4g

単品だと男性なら食べきれる方も多いですが、セットにするとかなりきつくなってきます。

目次に戻る

700g
手作りハンバーグ 700g(2017年7月)
手作りハンバーグ 700g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
700g 1561kcal 93.1g 93.8g

700g以上になると迫力を感じる大きさになってきます。
セットメニューの場合は完食が難しいです。

目次に戻る

800g
手作りハンバーグ 800g(2017年7月)
手作りハンバーグ 800g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
800g 1784kcal 106.4g 107.2g

単品でも完食が難しく、一部の人しか食べきれない量です。

目次に戻る

900g
ステーキハウス キッチンファクトリー「ハンバーグステーキ 900g」(2017年6月)
ステーキハウス キッチンファクトリー「ハンバーグステーキ 900g」(2017年6月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
900g 2007kcal 119.7g 120.6g

2ポンドが約907.2グラムなので、この大きさは「2ポンドハンバーグ」になります。
単品でも食べきれる方は少ないです。

目次に戻る

1000g
手作りハンバーグ 1000g(2017年7月)
手作りハンバーグ 1000g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
1000g 2230kcal 133g 134g

1kgです。
大食いの方以外は食べ切れない量です。

目次に戻る

1100g
手作りハンバーグ 1100g(2017年7月)
手作りハンバーグ 1100g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
1100g 2453kcal 146.3g 147.4g

写真だと大きさが少しわかりづらいですが、かなり厚みもあり見るだけでお腹いっぱいになりそうな迫力です。

目次に戻る

1200g
手作りハンバーグ 1200g(2017年7月)
手作りハンバーグ 1200g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
1200g 2676kcal 159.6g 160.8g

この位のサイズになってくると100g単位の違いだと判別できないくらい巨大です。

目次に戻る

1300g
手作りハンバーグ 1300g(2017年7月)
手作りハンバーグ 1300g(2017年7月)
重量 カロリー たんぱく質 脂質
1300g 2899kcal 172.9g 174.2g

3ポンドが約1360.8グラムなので、「3ポンドハンバーグ」の大きさです。

目次に戻る

レトルトのハンバーグ
レトルトハンバーグ
レトルトハンバーグ(2017年6月)
商品名 重量
マルシンハンバーグ 85g
チキンハンバーグ 69g
5種のチーズ入りハンバーグ 100g
自家製デミグラスソースのハンバーグステーキ 150g(固形量120g)
直火焼仕上げのふっくらジューシー和風ハンバーグ 145g(ハンバーグ120g、添付ソース25g)
伊藤ハム 旨包 ジューシーハンバーグ 104g(固形量64g)
金の直火焼ハンバーグ 210g(固形量145g)

最後に参考としてレトルト商品のグラム数を見てみましょう。
ちょっと小さいという印象でしたが、やはりグラムでみても少ないですね。

目次に戻る

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。