フラペチーノやスワークルなど人気カフェのフローズンドリンクまとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
フラペチーノやスワークルなど人気カフェのフローズンドリンクまとめ

カフェで販売されているフローズンドリンクを一覧にしました。
フローズンドリンクはコーヒーやミルクやシロップなどを、氷と共にミキサーで細かく砕いて作られ、氷のガリガリっという食感とほど良い甘さ、目の覚めるような冷たい感触が特徴のドリンクで、フラッペとかシェイクなどとも呼ばれます。

ホイップクリームやフルーツのトッピングなどで色鮮やかに飾られ、美味しいだけでなく見た目も華やかで可愛らしく女性に人気の飲み物をなっており、インスタグラムなどのSNSなどでも頻繁に見かける写真の1つです。

スターバックスコーヒーであれば「フラペチーノ」タリーズコーヒーであれば「スワークル」のように商品名が異なりますので、それらを特徴とともにまとめましたのでご覧下さい。

続きを読む >>

セガフレード・ザネッティの「グラニータ」を解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
セガフレード・ザネッティの「グラニータ」を解説

セガフレード・ザネッティが販売している「グラニータ」は氷と共にコーヒーやミルクなどのフレーバーをミキサーで撹拌し作られ、細かく砕かれた氷のガリッという食感と適度な甘さと爽やかな味が特徴のる冷たい飲み物です。
ホイップクリームやフルーツなどでトッピングする場合もあります。

名称の由来となっている「グラニータ」(Granita)はイタリアのシチリアで発祥した氷菓子の一種で、シロップや果汁(ジュース等)を混ぜて凍らせシャーベット状にした食べ物です。

年間を通して販売される3種のグラニータ「ブラッド オレンジ グラニータ」「メッツォ メッツォ グラニータ」「エスプレッソ グラニータ」と、シーズンごとのイベントや旬の素材を使った期間限定で販売されるグラニータがあります。

価格は2019年時点で440~450円、期間限定のグラニータは500~580円位が目安になります。

続きを読む >>

「チョコリスタ」と「抹茶リスタ」の解説!タリーズコーヒーの期間限定のフローズンドリンク

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「チョコリスタ」と「抹茶リスタ」の解説!タリーズコーヒーの期間限定のフローズンドリンク

「チョコリスタ」はカフェチェーン大手の「タリーズコーヒー」(TULLY'S COFFEE)が夏季の期間限定で販売するチョコレートドリンク(チョコシェイク)で、名称の由来はチョコレートとバリスタの組み合わせからです。

チョコレートや練乳、各種シロップなどとともにミキサーで氷を砕いて作られ、粘度のあるトロっとした食感、濃厚なチョコレートの香りと程よい甘さが特徴で、クーベルチュールチョコレートがトッピングされています。

商標登録は2016年5月27日(2015年12月25日出願)にタリーズコーヒーによって行われています。

チョコリスタが始まったのは2015年2月25日、タリーズの「表参道ヒルズ店」(2019年に閉店)と「六本木ヒルズ店」の2店舗のみで先行販売され、その後同年12月26日(土)からは全店で販売されることとなりました。
その後も毎年夏の時期に販売されるチョコレートドリンクとして定着し現在に至っています。

ショート(Sサイズ)と、トール(Mサイズ)の2サイズが用意されていて、価格は毎年変動があるため決まっていませんが、2019年は共に税込みでショートが600円、トールが650円でした(下で紹介する抹茶リスタも同価格帯です)。

また、チョコリスタ販売開始から翌年2016年8月5日(金)からは「抹茶リスタ」がはじまりました。
チョコリスタと同じく粘度があり、濃厚な抹茶の風味とクーベルチュールチョコがトッピングされているフローズンドリンクで、こちらも毎年夏の時期に販売されています。

続きを読む >>

から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

「フラッペ」は、かき氷やシェイクなどのフローズンドリンク、細かく砕いた氷にフルーツをトッピングしたデザート、クラッシュアイスを使ったカクテルなどのような、氷を使ったスイーツ(稀にお酒、カクテルなども)を指す言葉です。
語源となっているのはフランス語の「Frappé」で、氷を削ったり細かく砕いたものにリキュール(お酒)やシロップや果汁などを加えて飲んだり食べたりするものですが、そこから由来し氷を使って作られるもの全般に使われる用語になっています。

また、食べ物とは関係ないバレエの世界でも使われていて、「バットマン・フラッペ」(battement frappé)という動作を略してフラッペと呼んでいます(下の項目で詳しく解説)。

続きを読む >>

「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

「ジャバクーラ」(JAVAKŪLA)はカフェチェーンの「シアトルズベストコーヒー」(Seattle's Best Coffee、略:SBC)が販売しているフローズンドリンクで、コーヒーやフルーツなどのフレーバーとともに氷をミキサーで砕いてつくられる、シャリシャリとした食感の冷たい飲み物です。
上にはホイップクリームや季節ごとの素材などがトッピングされることもあります。

他社になりますが、よく知られている近い商品としてはスターバックスコーヒーのフラペチーノが該当します。
誰かにジャバクーラを説明する際は「シアトルズベストコーヒーのフラペチーノ」と言うとわかりやすいかと思います。

年間を通して販売されるものと、季節ごとに限定販売されるものがあり、2~3ヶ月くらいの周期で新作がリリースされます。
ジャバクーラは基本的にはコーヒーをベースにしており、その他の素材を使ったものは「クリームクーラ」「フルーツクーラ」としてリリースされています(下の項目で解説)。

続きを読む >>

「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

「レアチャー」または「レアチャ」は「レアチャーシュー」の略で、生焼けの意味がある英語の「レア」(rare)と、ラーメンのトッピング等に使われる調理肉「チャーシュー」(焼豚)を組み合わせ、さらに略したのがレアチャー、レアチャです。

「レアチャー」と「レアチャ」はどちらも同じ意味ですが、前者の方がやや多く使われている印象です。

いわゆる「昔ながらの中華そば」を提供する老舗でなく、2000年以降にオープンした新しい潮流のラーメン店で採用される事が多く、2000年代から一部のラーメン店で見られるようになり、2010年以降は全国的に広まりつつあります。

見た目はピンク色で生肉のように見えますが、低温調理により旨味を逃さず食感はとても柔らかくジューシーな味わいが特徴です。
牛豚の違いはあるもののイメージで近いのはローストビーフが挙げられますが、表面を焼いてから一定の温度で火を通すローストビーフに対し、レアチャーシューは表面を焼かない事が多いです。

続きを読む >>