プロレスの面白い発言やネタ・迷言まとめ

この記事のカテゴリ
ことば / 名言 / 格言
この記事に付けられたタグ

プロレス選手達の面白い発言であったり、迷言・珍言などをまとめました。
発言内容それだけを見るとよく意味がわからなかったり、何が面白いのかわからないかと思いますので、その背景にある事情や条件などを説明欄で解説していますので合わせてご覧下さい。

プロレスはリング上で行われる迫力ある試合だけでなく、リング外での舌戦やパフォーマンスも魅力の1つですが、真剣な場面だからこそ思わず口に出てしまった事や、非日常の空気感の中で生まれた言葉はその人の人柄であったり本音なども垣間見れるという楽しみもあります。

そして、テレビやマスコミ業界の作家さんにプロレスファンが多いのか、プロレスの出来事を元ネタとしたテレビのコント(特に深夜番組)、ネットテレビのAbemaTVなどで見かける事がちょくちょくあるので、「ああ、あの発言のパロディーか」といった風に、知らずに見るよりは元ネタを知っておくことでより理解しながら笑える場面もあるかと思います。

例えばバラエティー番組の乱闘シーンなどで「何コラ!タココラ!」や「またぐなよ!絶対にまたぐなよ!」というセリフが使われる事がありますが、これはプロレスラーの長州力さんが喧嘩相手に対して使ったフレーズで、知っている人にとっては爆笑ですが、予備知識が無い状態で聞くと少しは面白いですがただ乱暴な言葉に聞こえちゃいますよね。

続きを読む >>

「かんぽの宿」とは?全国にある宿一覧とホテルとの違いについて解説

この記事のカテゴリ
地域情報 / 地方 / 地名
この記事に付けられたタグ

かんぽの宿(やど)は、日本郵政株式会社が運営している宿泊施設で、通常のホテルや旅館と同じく、会員でなくとも誰でも宿泊が可能な宿です。

2007年10月1日に行われた郵政民営化の前、郵便局がまだ国営企業だった頃に当時の郵政省が旧簡易生命保険法に基づき、簡易保険加入者の福祉を目的に1955年(昭和30年)10月、熱海に最初の施設が建てられました。
施設名は「〇〇保養センター」「〇〇加入者ホーム」という形式で、「かんぽの宿」はあくまで愛称でしたが民営化とともに「かんぽの宿〇〇」が正式名となりました。

当時は利用者が簡易保険の加入者優先の保養施設・福祉施設であり宿泊もできるという位置づけで、保険非加入者(保険証書のコピーやメンバーズカードの提示がない場合)は別途2100円の料金が必要でした。
こうした会員制のような制限を設けた理由として挙げられるのは、民間企業でない郵便局が異業種の旅館業界にまで参入することへの批判を避ける為だったと考えられます。
実際、豊富な資金があったためか立地も素晴らしく食事も充実していたため当時から人気がありました。

現在ではこういった制約はなく、保険の加入非加入関係なく料金は一律で宿泊できますので、一般のホテルや旅館と全く変わりません。
ただ、入会費、年会費無料の「かんぽの宿メンバーズカード」会員になるとポイントが貯められたり、会員様限定プレミアムプランが利用できたり、売店での割引、誕生月にプレゼントをもらえたりとお得なサービスを受けられますので、よく利用する方であれば会員登録をしておくといいかと思います。

続きを読む >>

「ツボ羊羹」とは?京都の丹後地方で販売されている丁稚ようかんの解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ツボ羊羹」とは?京都の丹後地方で販売されている丁稚ようかんの解説

「ツボ羊羹」は京都府京丹後市周辺で食べられている羊羹で、数社から販売されていますが「田中製菓舗」が製造しているものが有名です。
もともと「つぶようかん」の呼称だったものが、長い年月をかけて「つぼようかん」と変化しこう呼ばれるようになりました。

近畿地方で見られる、砂糖や小豆の量を減らして安価に作る「丁稚羊羹」(でっちようかん)の一種で、甘く固めの煉羊羹に比べ、水ようかんに近い甘さ控えめで食べやすいのが特徴です。

田中製菓舗(下記で店舗情報を掲載しています)での店舗販売の他、スーパーや道の駅などでも取扱いがあります。
実際にこの付近(京都府京丹後市内)のスーパーを巡って見ましたが、かなりの頻繁で見かけましたので、地元での知名度や人気の高さが伺えます。

続きを読む >>

WordPressのGutenbergが使えない(ブロック追加が出来ない)場合の対応方法

この記事のカテゴリ
CMS / ワードプレス他
この記事に付けられたタグ

2018年12月上旬にWordPress 5.0がリリースされ、テキストエディタ「Gutenberg」(グーテンベルク)が新たに採用されましたが、このGutenbergでブロック追加が出来ない(機能しない、使えない)状態を解決する方法をご紹介します。

不便で使いづらいという意味の「使えない」ではなく、物理的に使用出来ない状態を指しています。実際にどのような状況なのか下の画像をご覧ください。
投稿画面の左上にある+(プラス)ボタンを押してブロックを追加し、記事を作り上げていく手順になるはずなのですが、非アクティブになっておりボタンが押せない状態です。

最初に結論を言うと、左メニューにある「ユーザー」「あなたのプロフィール」から「ビジュアルリッチエディターを使用しない」のチェックを外したら解決しました。

続きを読む >>

2011年(平成23年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2011年(平成23年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第28回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2011年は東日本大震災という未曾有の大災害が起きた年。関連するワードが多数ノミネートされたり入賞となりましたが、発表の際は「放射線量」「瓦礫」「内部被爆」など震災の直接的なワードは不謹慎だとの声が多数挙がる事態にもなりました。

印象的だったのはトップテンの「こだまでしょうか」とノミネートの「ぽぽぽぽーん」で、これらは共にテレビCMで流れているACジャパン公共広告です。
震災直後で多くの企業がCM出稿を控えるなか、差し替えでACジャパンのCMがかなり頻繁に流れていたのを覚えています。
なお1985年流行語の大衆賞を受賞した「投げたらアカン」もACジャパン(当時:公共広告機構)のCMです。

続きを読む >>

20坪の広さはどれ位かを解説!平米(面積)や畳への換算も掲載

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
20坪の広さはどれ位かを解説!平米(面積)や畳への換算も掲載

20坪はどれ位の広さなのか、目安になる写真と「平米」や「畳」への換算値などをまとめました。
ホテル等に宿泊したり、賃貸物件を探す、不動産選びなどの際にご利用下さい。

20坪は平米(平方メートル)にすると約66.11570㎡で、畳(帖)だと40.81216畳となります。
正方形の部屋だと約8.13116メートル四方(8.13116m×8.13116m)です。

ビジネスホテルだとかなり広い部類に入り4~5名向けの広さがあります。
賃貸物件だと2LDK、3DK、3LDKに当たり、3人では十分な広さ、4人だとやや窮屈さを感じる面積です。

20坪の換算値をまとめると以下の通りです。

平方メートル(平米) 四方 間取りの目安
20坪 66.12平米 40.81畳 8.13m×8.13m 2LDK、3DK、3LDK
←19坪へ すべて見る 21坪へ→

畳の広さは江戸間や京間などがありますが、ここでは不動産で使われる1畳=1.62㎡で計算しています。
詳しくはこちら「地域ごとに異なる畳のサイズについて」をご覧下さい。
冒頭に記載した数値は小数点第六位を、上記の表は小数点第三位を四捨五入しています。

なお、実は「坪」は不動産の取引などでは使えない単位です。
昔認められている名残りで現在も時々見かけますが、原則的には平米を用いる必要があります。
詳しくは「坪の解説」をご覧下さい。

また坪以外にも「平米」と「畳」(帖)について広さの目安を一覧にまとめましたのであわせてご覧下さい。

続きを読む >>

18坪の広さはどれ位かを解説!平米(面積)や畳への換算も掲載

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
18坪の広さはどれ位かを解説!平米(面積)や畳への換算も掲載

18坪はどれ位の広さなのか、目安になる写真と「平米」や「畳」への換算値などをまとめました。
ホテル等に宿泊したり、賃貸物件を探す、不動産選びなどの際にご利用下さい。

18坪は平米(平方メートル)にすると約59.50413㎡で、畳(帖)だと36.73095畳となります。
正方形の部屋だと約7.71389メートル四方(7.71389m×7.71389m)です。

ビジネスホテルだとかなり広い部類に入り4~5名向けの広さがあります。
賃貸物件だと1LDK、2DK、2LDK、3K、3DK、3LDKに当たり、広くは使えませんが3人住める面積です。

18坪の換算値をまとめると以下の通りです。

平方メートル(平米) 四方 間取りの目安
18坪 59.50平米 36.73畳 7.71m×7.71m 1LDK、2DK、2LDK、3K、3DK、3LDK
←17坪へ すべて見る 19坪へ→

畳の広さは江戸間や京間などがありますが、ここでは不動産で使われる1畳=1.62㎡で計算しています。
詳しくはこちら「地域ごとに異なる畳のサイズについて」をご覧下さい。
冒頭に記載した数値は小数点第六位を、上記の表は小数点第三位を四捨五入しています。

なお、実は「坪」は不動産の取引などでは使えない単位です。
昔認められている名残りで現在も時々見かけますが、原則的には平米を用いる必要があります。
詳しくは「坪の解説」をご覧下さい。

また坪以外にも「平米」と「畳」(帖)について広さの目安を一覧にまとめましたのであわせてご覧下さい。

続きを読む >>