2017年の土用の丑の日におすすめのうなぎが食べられるチェーン店まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

2017年の土用の丑の日向け!吉野家などの牛丼店や回転寿司など、全国で安く美味しいウナギが食べられるチェーン店をまとめました。

まず2017年の土用の丑の日ですが、2017年7月25日(火)8月6日(日)の2回です。
25日の方を「一の丑」、6日の方を「二の丑」といい、2016年のように1回だけの年もあります。

以下では各店舗の味やタレなどのランク付けです。
すき家がダントツとなってしまいましたが、客観的にランキングしましたが、あくまで個人的につけたものですのですべての方に当てはまるわけではありませんのでご了承下さい。

2017年土用丑の日におすすめのうなぎ
上段左から「くら寿司」「吉野家」「ほっともっと」下段左から「なか卯」「すき家」
項目/店舗名 くら寿司 吉野家 ほっともっと なか卯 すき家
総合ランキング 4位 2位 5位 3位 1位
4位 2位 5位 3位 1位
タレ 4位 3位 5位 2位 1位
柔らかさ 3位 4位 5位 2位 1位
5位 2位 3位 4位 1位
価格 1位 2位 5位 5位 3位

続きを読む >>

ハンバーグのグラムごとの大きさと栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ハンバーグのグラム(g)ごとの栄養成分と、重量ごとに大きさの目安となる写真をまとめました。

ハンバーグやステーキ専門店であったり、ファミレスなどのメニューにグラムで表示されている事がありますが、実際どれくらいの大きさなのかピンときませんよね。
どれくらいの重さなら食べきれるか知りたい時や、家でハンバーグを作るときに肉をどれくらい買えばいいか、栄養成分も掲載しているのでダイエットや筋トレ中の方などもぜひお使いください。

なお、一人前はどれくらいにすればいいのか、平均これ位になるのではないかと予想したものは通りです。
20~30代の普通程度食べる方を想定しています。

男性 180g~300gくらいがおすすめ。
サイドメニューが付くとちょうどいいお腹のふくれ具合になりそうです。
がっつり食べたいときは150g~200g位増やすといいでしょう。
1ポンドが約450gくらいなので、上限の目安にいいと思います。
女性 120g~250gくらいがおすすめ。
サイドメニュー入れるとちょうどいいと思います。
がっつり食べたいときは50g~150g位増やすといいでしょう。

なお、ステーキの重量についてもまとめていますので、よかったらご覧ください。

続きを読む >>

「香具師」とは?読み方と意味を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「香具師」はネット上で「奴」とか「あいつ」といった意味で使われる用語です。

香具師は実際に昔から使われている言葉・漢字で、読み方は「やし」。
「かぐし」とか「こうぐし」と読んでしまいそうですが、試しにパソコンやスマホで入力してみると変換候補には本当に「やし」が出てきます。

なぜこれが「奴」の意味で使われるようになったかというと、ネットが普及し始めた頃、掲示板の2ちゃんねるではカタカナの「ツ」を「シ」であったり、「ソ」を「ン」と表記するなどの言葉遊びが行われており、「ヤツ」が「ヤシ」となり、これが「香具師」となりました。

変化の流れです。
奴 → ヤツ → ヤシ → やし → 香具師

使い方はそのまま「奴」を入れ替えた形で表記されます。
表現の例です。

  • まだあれ見てない香具師www
  • 明日行きたい香具師は俺に言ってくれ
  • 香具師も怪しいぞ
  • そんな香具師には気をつけろ!
  • 落ち着きがない香具師

続きを読む >>

ネット用語の「草」とは?意味と使い方を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

ネット上で使われている「草」は「笑い」を意味する用語です。
読み方はそのまま「くさ」で、書き込む際は「草」だけ単体の場合もありますが、多くは「○○草」とか「○○草生えた」といったように文末に付け加えた形が多く見られ、「笑える」「うける」「面白い」といった意味合いで使われます。

以下のような使い方や表現があります。

  • さっきテレビで紹介されてた店、うちと近所で草
  • それはさすがに草生えるわ
  • あの人の発言的確過ぎ草

草の意味はわかりましたが、なぜ笑いを「草」と言うようになったのかというと、「w」が由来しています。
wは(笑)を意味しますが、連続で「wwwwwww」だとより大きな笑いを表現していて、これがまるで草が生えているように見えることがから草となりました

続きを読む >>

「微レ存」とは?意味や使い方、元ネタなどを解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「微レ存」は「微粒子レベルで存在している」の略で、「限りなく可能性が低いもののゼロではない」といった意味合いです。
ただし、ネタ用語として使われているため、言葉通り極わずかな可能性という意味で使われることはあまりなく、ほとんどの場合は特に可能性の高い低いは関係なく使われます。

読み方は「びれぞん」または「びれそん」で、文章の最後に付け加える形で使用することが多く、以下のような表現があります。

  • 雨降る可能性が微レ存・・・?
  • 学校遅刻する可能性が微レ存…?
  • サーバーダウンの可能性が微レ存
  • もしかしたら寄れない可能性が微レ存だから先帰ってて
  • 同じ色って可能性も微レ存だな

詳しい元ネタについては後述しますが、淫夢語録(ホモビデオから生まれた用語)と呼ばれる用語の1つであることから、真面目な発言をする場面で使われることはありません。
また、元ネタが「現在も分子レベルで残留している・・・?」という一文であるため、最後に「・・・?」や「…?」などのようにクエスチョンマークで終わるパターンをよく見かけます。

以下では、論争のある微レ存の読み方について、そして元ネタについて詳しく見ていきましょう。

続きを読む >>

大根の上・真ん中・下それぞれの味や特徴、向いている料理を解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
大根の上・真ん中・下それぞれの味や特徴、向いている料理を解説

大根の上半分・下半分、それぞれの用途や合う料理をまとめました。

スーパーなどで売られている大根は、すでに上下に切り分けられてることも多いですが、どちらを買っていいか迷っちゃいますね。
実は大根の上の部分(葉がある方)と、下の部分で味が違うんです。

用途や料理によって使い分ければより美味しく大根を食べることが出来ますので、まるごと1本買ってきた方もどっちを買うか悩んでいる方も、下記の一覧を参考にしてみてください。

大根の上下だけでなく真ん中部分についてもあわせて掲載しました。

続きを読む >>

「夏越しごはん」とは?6月30日に食べる行事食の解説とレシピも掲載

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

「夏越ごはん」は6月30日に神社などで昔から行われている神事「夏越の祓」(なごしのはらえ)に合わせて食べる行事食です。
2015年、公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構によって提唱され、2017年にはツイッターなどのSNSやインスタグラム等でも話題となりました。

夏越ごはんの公式サイト(http://www.komenet.jp/nagoshigohan/)

マルエツ「夏越ごはん」 税込429円(2017年6月)
マルエツ「夏越ごはん」 税込429円(2017年6月)

続きを読む >>