「チョコリスタ」と「抹茶リスタ」の解説!タリーズコーヒーの期間限定のフローズンドリンク

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「チョコリスタ」と「抹茶リスタ」の解説!タリーズコーヒーの期間限定のフローズンドリンク

「チョコリスタ」はカフェチェーン大手の「タリーズコーヒー」(TULLY'S COFFEE)が夏季の期間限定で販売するチョコレートドリンク(チョコシェイク)で、名称の由来はチョコレートとバリスタの組み合わせからです。

チョコレートや練乳、各種シロップなどとともにミキサーで氷を砕いて作られ、粘度のあるトロっとした食感、濃厚なチョコレートの香りと程よい甘さが特徴で、クーベルチュールチョコレートがトッピングされています。

商標登録は2016年5月27日(2015年12月25日出願)にタリーズコーヒーによって行われています。

チョコリスタが始まったのは2015年2月25日、タリーズの「表参道ヒルズ店」(2019年に閉店)と「六本木ヒルズ店」の2店舗のみで先行販売され、その後同年12月26日(土)からは全店で販売されることとなりました。
その後も毎年夏の時期に販売されるチョコレートドリンクとして定着し現在に至っています。

ショート(Sサイズ)と、トール(Mサイズ)の2サイズが用意されていて、価格は毎年変動があるため決まっていませんが、2019年は共に税込みでショートが600円、トールが650円でした(下で紹介する抹茶リスタも同価格帯です)。

また、チョコリスタ販売開始から翌年2016年8月5日(金)からは「抹茶リスタ」がはじまりました。
チョコリスタと同じく粘度があり、濃厚な抹茶の風味とクーベルチュールチョコがトッピングされているフローズンドリンクで、こちらも毎年夏の時期に販売されています。

続きを読む >>

から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

「フラッペ」は、かき氷やシェイクなどのフローズンドリンク、細かく砕いた氷にフルーツをトッピングしたデザート、クラッシュアイスを使ったカクテルなどのような、氷を使ったスイーツ(稀にお酒、カクテルなども)を指す言葉です。
語源となっているのはフランス語の「Frappé」で、氷を削ったり細かく砕いたものにリキュール(お酒)やシロップや果汁などを加えて飲んだり食べたりするものですが、そこから由来し氷を使って作られるもの全般に使われる用語になっています。

また、食べ物とは関係ないバレエの世界でも使われていて、「バットマン・フラッペ」(battement frappé)という動作を略してフラッペと呼んでいます(下の項目で詳しく解説)。

続きを読む >>

「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

「ジャバクーラ」(JAVAKŪLA)はカフェチェーンの「シアトルズベストコーヒー」(Seattle's Best Coffee、略:SBC)が販売しているフローズンドリンクで、コーヒーやフルーツなどのフレーバーとともに氷をミキサーで砕いてつくられる、シャリシャリとした食感の冷たい飲み物です。
上にはホイップクリームや季節ごとの素材などがトッピングされることもあります。

他社になりますが、よく知られている近い商品としてはスターバックスコーヒーのフラペチーノが該当します。
誰かにジャバクーラを説明する際は「シアトルズベストコーヒーのフラペチーノ」と言うとわかりやすいかと思います。

年間を通して販売されるものと、季節ごとに限定販売されるものがあり、2~3ヶ月くらいの周期で新作がリリースされます。
ジャバクーラは基本的にはコーヒーをベースにしており、その他の素材を使ったものは「クリームクーラ」「フルーツクーラ」としてリリースされています(下の項目で解説)。

続きを読む >>

「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

「レアチャー」または「レアチャ」は「レアチャーシュー」の略で、生焼けの意味がある英語の「レア」(rare)と、ラーメンのトッピング等に使われる調理肉「チャーシュー」(焼豚)を組み合わせ、さらに略したのがレアチャー、レアチャです。

「レアチャー」と「レアチャ」はどちらも同じ意味ですが、前者の方がやや多く使われている印象です。

いわゆる「昔ながらの中華そば」を提供する老舗でなく、2000年以降にオープンした新しい潮流のラーメン店で採用される事が多く、2000年代から一部のラーメン店で見られるようになり、2010年以降は全国的に広まりつつあります。

見た目はピンク色で生肉のように見えますが、低温調理により旨味を逃さず食感はとても柔らかくジューシーな味わいが特徴です。
牛豚の違いはあるもののイメージで近いのはローストビーフが挙げられますが、表面を焼いてから一定の温度で火を通すローストビーフに対し、レアチャーシューは表面を焼かない事が多いです。

続きを読む >>

人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)の店舗一覧、特徴やメニューについて解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)の店舗一覧、特徴やメニューについて解説

神奈川県の横浜市で誕生した人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)についての解説です。
煮干しラーメンで知られる丿貫ですが、日替わりのメニューがあったり、昼と夜で営業形態が異なっていたりと、一般的によくあるラーメン屋さんとは異なる点があるため、事前に知っておくことでより丿貫を楽しめる情報をまとめました。

かなり文章が長くなってしまったため、初めてお店に行く際に覚えておきたい丿貫の特徴を凝縮してお伝えすると以下の通りです。

  • 「丿貫」の読み方は「へちかん」
  • 煮干しラーメンが原点であり基本メニューで、「肉増し・うずら卵」で注文するのが個人的におすすめ
  • 「セメント系」と呼ばれる煮干し色でドロドロの濃厚スープ、麺は「パツンパツン」とも表現される低加水で硬め
  • チャーシューは「レアチャーシュー」と呼ばれる低温調理されたピンク色の柔らかい肉
  • 同じ「煮干しラーメン」でも店舗によって味が異なっていたり、煮干しの産地を変更(ツイッターやメニュー表に記載)したりと違った味を楽しめる
  • 全国から取り寄せた素材の味をそのままスープにした日替わりメニューがあり、早めに行かないと売り切れてしまう事が多い
  • 日替わりメニューは各店舗で異なり、それぞれの公式ツイッターで確認できる
  • ラーメンだけでなく「和え玉」もおすすめ(下の項目で解説)、よくかき混ぜてからそのまま食べても、スープにつけて食べてもOK
  • 麺の量をハーフに出来るので、いろいろなメニューを楽しみたい時にはハーフで注文するのがいい
  • 営業時間や定休日は店舗によって違ったり臨時休業などもあるため、ツイッターを確認してから来店が良い
  • 昼と夜で営業形態が代わり、昼はラーメン店、夜は日本酒のお店となりお酒の注文が必須になることも
  • 夜営業はおつまみ類が充実し、ラーメンは昼とは違い肉が乗らないなど、お酒にあった仕様になったり和え玉が注文できないなどの違いがあるため、本格的にラーメンを楽しみたい場合は昼に行くのがベスト

続きを読む >>

49畳(帖)はどれ位の広さ?平米への換算や何坪かを解説

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
49畳(帖)はどれ位の広さ?平米への換算や何坪かを解説

49畳はどれ位の広さなのかがわかる参考写真や、平米や坪への換算をまとめました。
旅館やホテルに宿泊する際やアパートやマンションなどの賃貸であったり不動産を購入する際などにご利用下さい。

他の畳数を探す場合はこちら「「畳」の広さ一覧表」に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。

49畳は文字通り畳49枚分で、平米(平方メートル)にすると79.38㎡となり、正方形の部屋だと約8.91メートル四方(8.91m×8.91m)です。

ホテルでいうとリゾートホテルで2~5人向けの部屋で、5人でもある程度ゆとりのある広さです。

賃貸情報サイト
ホテル予約サイト

国土交通省が発表している「住生活基本計画」では、最低限必要な広さの目安(最低居住面積水準)として一人暮らしでは25㎡、2人以上の世帯では10㎡ × 人数 + 10㎡
十分な広さの目安(誘導居住面積水準)としては都市部の一人暮らしで40㎡、都市以外では55㎡
2人以上の世帯では都市部で20㎡ × 人数 + 15㎡、都市以外では25㎡ × 人数 + 25㎡とされていますので、賃貸や宿泊施設を決めるときの目安にお使い下さい。

49畳を他の単位への換算したものがこちらの表になります。

平方メートル(平米) 四方(縦横) 間取りの目安
49畳 79.38平米 24.01坪 8.91m 2LDK、3DK、3LDK、4DK、4LDK
←48畳へ すべて見る 50畳へ→

以下では49畳の広さを感覚的に理解していただくために、写真を用意しました。
また、各地方で畳の寸法の基準が違う事についても解説していますのでご覧下さい。

なお、他の畳のサイズや坪・平米については下記のページに一覧表を掲載していますので必要であればご覧下さい。

続きを読む >>