「ソルベージュ」とは?名前の意味や味もあわせて解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ソルベージュ」とは?名前の意味や味もあわせて解説

「ソルベージュ」は株式会社ポッカクリエイトが運営する「カフェ・ド・クリエ」(CAFE de CRIE)で販売されているフローズンドリンクです。

ソフトクリームやコーヒーなど、味の元になる素材に氷を加え、ミキサーで攪拌してフローズン状にした冷たい飲み物で、商品によってはフルーツであったり生クリームを乗せる場合もあります。

「ソルベ」のドリンクではありますが、実は2016年11月2日に発売された「ホットミントピュア」や、2017年3月8日「とろけるジュレの桜ラテ」のように、アイスだけでなくホットのドリンクにも「ソルベージュ」を冠した商品が存在します。

季節や流行などにあわせて新商品を発売していて、基本的にはオールシーズン飲めるようになっていますが、1年を通して販売されるような「定番メニュー」はなく、期間限定のソルベージュが定期的に発表されています。

サイズについては、アイスの場合はレギュラー(R)、トール(T)、ラージ(L)の3種類であることが多く、ホットの場合はレギュラー(R)のみで提供される場合が多いです。

続きを読む >>

ステーキの焼き加減10種類を写真で比較

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ステーキやハンバーグなど、お肉の焼き加減の名称(呼び方)をまとめました。
よく知られているのは以下の4つが挙げられるかと思います。

  • レア(3割ほど焼いた状態)
  • ミディアムレア(5割ほど焼いた状態)
  • ミディアム(7割ほど焼いた状態)
  • ウェルダン(全体を焼いた状態)

ステーキ屋専門店であったりハンバーグ屋さん、レストランなどで注文する際はこれだけ覚えておけば十分ですし、これ以上細かく対応できるお店も少ないのでほぼ問題はないのですが、実はこの他にも多数の種類があります。
この言い方を使う機会があるか無いかは別として、参考としてまとめてみましたのでご覧下さい。

なお、ヒレ肉やモモ肉ステーキであれば一番おすすめの焼き方は「ミディアムレア」です。
雑誌やテレビなどで行われている焼き加減についての特集などを見てみると、肉のうまみが引き立つのがミディアムレアとのこと。
焼きすぎると肉が固くなりますし、柔らかさでもこの位がいいと感じます。

ただしこれは完全に好みの問題になりますし、肉の部位や和牛か輸入牛かによっても異なりますので、自身がおいしいと感じる焼き具合で注文するのがいいでしょう。

続きを読む >>

ハンバーグのオンス(oz)ごとの大きさと栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ハンバーグのオンスごとの栄養成分と写真をまとめました。

ステーキやハンバーグのお店に行くと、時々メニュー表に書かれている重量がオンスの場合がありますよね。
具体的にどれくらいの大きさなのか、食べきれる量なのかわかりづらいと思いますので、実際にその重量のハンバーグを写真に撮ったので、注文の際などにご利用ください。
カロリーやたんぱく質などの栄養成分も掲載していますので、ダイエットや筋トレ中の方も参考にどうぞ。

1人前はどれくらいのオンスにすればいいのか、20~30代の平均程度の量を食べる方を想定して予想したのが以下の表です。

男性 6~12オンスくらいがおすすめ。
サラダやスープなどのサイドメニューを込みでちょうどいいのが10オンス位です。
お腹いっぱいにしたいときは3~5オンス程度増やすといいでしょう。
女性 5~10オンスくらいがおすすめ。
単品だとやや物足りませんが、サイドメニュー付きだとこれくらいがおすすめ。
がっつり食べたいときは3~5オンス程度増やすといいでしょう。

続きを読む >>

ハンバーグのポンド(lb)ごとの大きさと栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ハンバーグのポンド(パウンド)ごとの栄養成分と写真をまとめました。

ステーキやハンバーグの専門店でメニューに掲載されているのがポンド表記だったりすると、どれ位の大きさなのかわかりませんよね。
ここでは各ポンドごとに大きさや量の目安となる写真と、カロリーなどの栄養成分も掲載していますので、食べきれるか調べたい場合や、筋トレの際のたんぱく質計算、ダイエット中のカロリー計算などにお使いください。

1人前はどれくらいにすればいいのか、20~30代の普通程度食べる方を想定し予想してみました。

男性 0.4~0.7ポンドがおすすめ。
1ポンド弱であれば、スープや野菜などのサイドメニュー込みでも食べ切れそうです。
1ポンドでもそれほど大きいわけではありませんが、余裕をもって楽しく食事をするにはこれくらいの量がいいと思います。
お腹いっぱいにしたいときは0.3ポンド位増やすといいでしょう。
女性 0.3~0.6ポンドくらいがおすすめ。
サイドメニュー入れるとちょうどいい量になるでしょう。
がっつり食べたいときは0.2ポンド位増やしましょう。

続きを読む >>

2017年の土用の丑の日におすすめのうなぎが食べられるチェーン店まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

2017年の土用の丑の日向け!吉野家などの牛丼店や回転寿司など、全国で安く美味しいウナギが食べられるチェーン店をまとめました。

まず2017年の土用の丑の日ですが、2017年7月25日(火)8月6日(日)の2回です。
25日の方を「一の丑」、6日の方を「二の丑」といい、2016年のように1回だけの年もあります。

以下では各店舗の味やタレなどのランク付けです。
すき家がダントツとなってしまいましたが、客観的にランキングしましたが、あくまで個人的につけたものですのですべての方に当てはまるわけではありませんのでご了承下さい。

2017年土用丑の日におすすめのうなぎ
上段左から「くら寿司」「吉野家」「ほっともっと」下段左から「なか卯」「すき家」
項目/店舗名 くら寿司 吉野家 ほっともっと なか卯 すき家
総合ランキング 4位 2位 5位 3位 1位
4位 2位 5位 3位 1位
タレ 4位 3位 5位 2位 1位
柔らかさ 3位 4位 5位 2位 1位
5位 2位 3位 4位 1位
価格 1位 2位 5位 5位 3位

続きを読む >>

ハンバーグのグラム(g)ごとの大きさと栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ハンバーグのグラム(g)ごとの栄養成分と、重量ごとに大きさの目安となる写真をまとめました。

ハンバーグやステーキ専門店であったり、ファミレスなどのメニューにグラムで表示されている事がありますが、実際どれくらいの大きさなのかピンときませんよね。
どれくらいの重さなら食べきれるか知りたい時や、家でハンバーグを作るときに肉をどれくらい買えばいいか、栄養成分も掲載しているのでダイエットや筋トレ中の方などもぜひお使いください。

なお、一人前はどれくらいにすればいいのか、平均これ位になるのではないかと予想したものは通りです。
20~30代の普通程度食べる方を想定しています。

男性 180g~300gくらいがおすすめ。
サイドメニューが付くとちょうどいいお腹のふくれ具合になりそうです。
がっつり食べたいときは150g~200g位増やすといいでしょう。
1ポンドが約450gくらいなので、上限の目安にいいと思います。
女性 120g~250gくらいがおすすめ。
サイドメニュー入れるとちょうどいいと思います。
がっつり食べたいときは50g~150g位増やすといいでしょう。

なお、ハンバーグのポンドとオンスの他にも、ステーキの重量、そして「レア」「ミディアム」「ウェルダン」など合計10種あるステーキの焼き加減についてもまとめていますので、よかったらご覧ください。

続きを読む >>

大根の上・真ん中・下それぞれの味や特徴、向いている料理を解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
大根の上・真ん中・下それぞれの味や特徴、向いている料理を解説

大根の上半分・下半分、それぞれの用途や合う料理をまとめました。

スーパーなどで売られている大根は、すでに上下に切り分けられてることも多いですが、どちらを買っていいか迷っちゃいますね。
実は大根の上の部分(葉がある方)と、下の部分で味が違うんです。

用途や料理によって使い分ければより美味しく大根を食べることが出来ますので、まるごと1本買ってきた方もどっちを買うか悩んでいる方も、下記の一覧を参考にしてみてください。

大根の上下だけでなく真ん中部分についてもあわせて掲載しました。

続きを読む >>