「スワークル」とは?タリーズで販売されているフローズンドリンクの解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
スワークル

「スワークル」はタリーズコーヒー(Tully’s Coffee Corporation)で提供されているメニューの1つで、コーヒーやミルクやシロップ等と共に氷をミキサーで撹拌して作るフローズンドリンクです。ホイップクリームや季節の素材を上にトッピングする場合もあります。

名称の由来は「渦」(うず)の意味がある英語の「swirl」(スワール)と、輪という意味の「circle」(サークル)を組み合わせたものです。
なぜ渦かは予想になりますが、撹拌して作られるためドリンクの上表面を見ると渦を巻いたような形になっているからだと考えられます。

「SWIRKLE」(スワークル)はタリーズコーヒージャパン株式会社の名義で2004年12月10日に登録されています。

シャリッ・ガリッという氷の食感と甘さが特徴の飲み物で、コーヒーであったり抹茶やチョコレートやマンゴー等、様々な種類のスワークルが販売されています。

実際どういうものなのか写真で見ていきましょう。
下の画像は「宇治抹茶クリームスワークル」と「ロイヤルティークリームスワークル」です。

上に乗ったクリーム
上に乗ったクリーム
  • 正面
    正面
  • 背面
    背面

細かく砕かれた氷の入った抹茶、ロイヤルティーのフローズンの上にはホイップクリームが渦上にトッピングされています。

オシャレな見た目と甘くて美味しいドリンクのため女性に人気が高いメニューであり、写真共有サイトのインスタグラムであったりSNSなどでも「映える」ため、よく投稿されているのを見かけます。

ただ、女性のファンが多いフローズンドリンクでよく知られているのは、タリーズに限らず他のカフェと比べても圧倒的にスターバックスコーヒーの「フラペチーノ」が有名で、このスワークルを誰かに説明する際も「スタバでいうフラペチーノみたいなやつ」とか「タリーズ版のフラペチーノ」という感じで言うと通じる事が多いです。

以下ではさらに詳しく、どんな種類のスワークルがあるのかラインナップをご紹介したり、飲み方、サイズ、カスタマイズ等について解説します。

ラインナップ

スワークルは通年販売している定番と、期間限定で販売しているものがあります。
以前は数ヶ月に1度は期間限定のスワークルが発表されていましたが、2019年現在あまり発表を聞かなくなりました。
状況を見ての予想になりますが、開発費はかなりの額になりますので控えているのかもしれません。

最新のラインナップは公式サイトをご覧下さい。

まずは定番のスワークルの一例を見てみましょう。

宇治抹茶クリームスワークル、ロイヤルティークリームスワークル
宇治抹茶クリームスワークル、ロイヤルティークリームスワークル
カフェオレスワークル、キャラメルチョコクリームスワークル
カフェオレスワークル、キャラメルチョコクリームスワークル
マスカットティー&ザクロルビースワークル、マンゴータンゴスワークル
マスカットティー&ザクロルビースワークル、マンゴータンゴスワークル

次は期間限定の商品です。
シーズンごとに販売開始&終了しながら、それぞれの季節に合わせたフルーツや素材を使ったスワークルが販売されます。

ハロウィンパンプキンティー スワークル
ハロウィンパンプキンティー スワークル

こちらは2017年10月4日に発売されたハロウィン仕様のスワークル。
ミルクティーをベースにパンプキンの風味がプラスされ、上にはジャック・オー・ランタンのクッキーが乗っています。

サイズ

名称 目安 容量
ショート(Short) Sサイズ 240ml
トール(Tall) Mサイズ 350ml
グランデ(Grande) Lサイズ 470ml

※内容量でなく容器のサイズです

スワークルのサイズは上記の3つで、期間限定のスワークルはトールしか選べない事が多いです。
一番よく飲まれいているのはトールサイズで、標準サイズとも言えると思います。

飲み方

スワークルにはストロー用の穴が空いたキャップが着いています。
付けたままストローを挿して飲めばいいのか、キャップは取ってから飲むべきなのか、初めて飲む場合は結構迷ってしまいますよね。

実はどちらが正しいというのはなく、答えは「飲みやすいように飲む」のが正解なのですが、周りの人を見ているとあまりキャップを外している方はおらず、穴からストローを挿して飲んでる方が多いです。

斜めにしてこぼしてしまう事も少なくなりますし、付けたまま飲むのが個人的にもおすすめです。

注文方法

メニュー表
メニュー表

いきなりその場でメニュー表を見て決めると結構迷ってしまいますので、予め公式サイトや上の画像を見て目星を付けておくといいでしょう。

注文方法は「スワークルの種類」と「サイズ」を伝えればOKです。
カスタマイズがある場合はサイズの前に言います。

「抹茶クリームフラペチーノのトールサイズを下さい」とか、「カフェオレスワークルにバニラアイスを追加して下さい、サイズはトールで」という具合です。

トッピングなどわからない点がある場合は、聞けばタリーズの店員さんは親切に説明してくれます。

カスタマイズ

そのままのスワークルでも美味しいですが、お好みの素材を追加したりトッピングする事が出来ます。
お気にいりのスワークルを見つけたら時々気分を変えてカスタマイズしてみとまた新しい発見があるかもしれません。

公式サイトでもカスタマイズについて説明があるのでご覧ください。

また、タリーズやスタバには「コンディメントバー」というスペースがあり、注文後にお好みの味に独自調整するためのフレーバーやシロップなどが設置されていますので、そちらを利用するのもいいでしょう。
以下の内容はコンディメントバーでなくオーダー時に使えるカスタマイズの内容です。

カスタマイズ 内容 料金
ホイップクリーム スワークルの他にもコーヒーやティー、ワッフルやパンケーキなどの食事にも合わせやすい素材。 +60円
ソース チョコソースとソルティーキャラメルソースの2種類があります。いつもと違う香りを味わいたいときに。 無料
はちみつ 蜂蜜です。風味よく甘みが加わります。 無料
エスプレッソ エスプレッソを加え苦味や香りを楽しめます。ビターな風味を味わいたい場合に。 +50円
スチームミルク スチームしてふわっとした温かいミルクです。コーヒーやティーをまろやかな味わいに。 +30円
ソイミルク ミルクを使ったドリンクに対してソイミルク(豆乳)に変更出来ます。通常よりあっさりした口当たりになります。 +50円
フレーバーシロップ キャラメル、ヘーゼルナッツ、メープル、バニラの4種類から選んで追加出来ます。 +60円
T’s アイス タリーズオリジナルのアイスクリームです。バニラはもちろん抹茶やストロベリー、チョコ、ポップンマーブルソーダなどもあります。ショーケースから選んで追加出来ます。 +130円

※2019年現在の内容です、また組み合わせによっては出来る・出来ないドリンクがあります。

カロリー

2019年現在販売されている定番のスワークルのカロリーをまとめました。
期間限定販売されるものについては都度公式サイトをご確認下さい。

名称 ショート トール グランデ
キャラメルチョコクリームスワークル with ソルティーキャラメルソース 274kcal 321kcal 425kcal
カフェオレスワークル 169kcal 204kcal 294kcal
マンゴータンゴスワークル 124kcal 151kcal 216kcal
宇治抹茶クリームスワークル 220kcal 267kcal 352kcal

同じフローズンドリンク「チョコリスタ」との違いは?

タリーズにはスワークルに似た「チョコリスタ」というドリンクもあります。
写真は「チョコリスタ」と「抹茶リスタ」で、スワークルに比べ粘度があり、チョコレートの濃厚な味が特徴です。

抹茶リスタとチョコリスタ
抹茶リスタとチョコリスタ

チョコリスタの詳細はこちら「チョコリスタの解説」をご覧下さい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。