新語・流行語大賞の一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

「新語・流行語大賞」は、その年多くの人たちの間で話題になった新語または流行語を選び、その言葉に関係する人や団体を表彰するイベントです。
毎年12月1日(この日が土日の場合は翌平日)に発表され、ニュースにも取り上げられるなど全国に広く知られた賞の1つです。

公式サイトはこちら「ユーキャン新語・流行語大賞」です。

はじまりは1984年「現代用語の基礎知識」などを発行している出版社・自由国民社が「日本新語・流行語大賞」として開始し、2003年には株式会社ユーキャンと提携、2004年からは「ユーキャン新語・流行語大賞」に改称、現在に至ります。

以前は「新語部門」の金から銅賞、「流行語部門」金から銅賞のように部門が分かれていましたが、1991年と1994年以降からは年間大賞として統一された形式になっています。
現在の選考方法は「現代用語の基礎知識」の読者アンケートの結果をもとに編集部が選定した50語を「ノミネート」とし、新語・流行語大賞選考委員会によってノミネートから「トップテン」と「年間大賞」が選ばれます。

以下に1984年からすべての語句を年別にし、各賞ごとに分類し解説分を掲載しました。
各年の最後には解説記事へのリンクがありますので、さらに詳細を見る場合はそちらのリンクへお進みください。

続きを読む >>