元号一覧と西暦まとめ

この記事のカテゴリ
歴史 / 文化
この記事に付けられたタグ

645年の「大化」から始まり、2019年5月1日からは平成から「令和」になることが決まった、日本の元号をまとめました。

近代(明治以降)だと天皇が崩御すると元号も変わっていますが、歴史を見ると決してそういった規則性が必ずしもあるわけではなく、例えば1814年に江戸で起きた「明暦の大火」などのような大火災であったり、飢饉や疫病などをきっかけに変わることもあれば、元号がない期間などもありました。

そのため1つの元号の間に2人の天皇が即位していたり、1人の天皇が複数の元号を跨ぐといった事態も起こっています。

「令和」で248番目となった元号。
不要論やなくなるといった噂も飛び交っていましたが、世界を見ても日本だけとも言われいてる位に稀であり歴史もありますので、いつまでもこの慣習は続いて欲しいと個人的には思っています。

それでは元号の最初から2019年5月から改元される令和までを一覧でご覧ください。

続きを読む >>

「元旦」と「元日」の違い

この記事のカテゴリ
歴史 / 文化
この記事に付けられたタグ

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

2011年、最初の記事は「元旦」と「元日」の違いについてです。
それぞれの意味をまとめてみました。

ただし、明確に定められた訳ではなく便宜的にこのような区別をされてきたようです。
ですので「元日=元旦」としても必ずしも間違いではなく、“下記のような区別がされる場合もある”程度に考えておくのがいいかもしれません。

続きを読む >>

干支(十二支)の一覧と読み方、対応の動物まとめ

この記事のカテゴリ
歴史 / 文化
この記事に付けられたタグ

十二支の動物と読み方、その他諸々を一覧にしました。
覚え方はご存知『ねー、うし、とら、うー、たつ、みー、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い』です(地域によって多少違います)。

口語では 子年(ねどし)や丑年(うしどし)のように、それぞれの干支に「年」をつけて呼びます。

続きを読む >>

新暦・旧暦の説明と「和風月名」の一覧表

この記事のカテゴリ
歴史 / 文化
この記事に付けられたタグ

現在でいう「1月」「2月」「3月」…はグレゴリオ暦という暦法が使われています。
このグレゴリオ暦は、太陽の周りを回る周期を基に作られた暦「太陽暦」の一種で、かつて中世ヨーロッパで広く使われいたユリウス暦も太陽暦の一種です。

対して月の満ち欠けの1周期(朔望月)を基に作られた暦を「太陰暦」といいます。
日本では1873年1月1日(明治6年)に現在と同じグレゴリオ暦が導入される前は、太陰暦を基にした「太陰太陽暦」の一種「時憲暦」や「天保暦」などが過去に使われており、それらを「旧暦」、グレゴリオ暦を「新暦」と呼んでいます。

旧暦では「和風月名」(わふうげつめい)という日本独自の名称が使われており、新暦が使われるようになって以降もこの名称が残って使われています。
ですので「水無月」といえば6月を指しますが、実際は6月下旬 ~ 8月上旬頃を指していた事になります。

下記に和風月名と読み方とおおよその時期をまとめて一覧にしたのでご覧ください。

続きを読む >>