「トンマナ」とは?意味と使用例を解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

トンマナは「トーン&マナー」の略で、広告においてのデザイン・雰囲気・世界観・イメージやコンセプトなどを指す用語で、このトンマナを統一したり一貫性を持たせるという意味で使われています。

例えば高級アクセサリブランドの広告に笑いを狙ったデザインや表現が使われていたら違和感を覚えたり、その企業やブランドのイメージが変わってしまうなどの悪影響が出かねませんので、トンマナはイメージ戦略やマーケティングにおいて重要とされています。

自らのトンマナを考慮するだけでなく、それを掲載する場所や媒体側の雰囲気やノリや空気感にあわせたり、あえてトンマナを統一しない戦略なども存在します。

トンマナを直訳すると「調子と様式」となります。
トーン(tone)は調和・調子・語気・音調などの意味があり、マナー(manner)はよく使われている行儀や作法を指す他に、様式・流儀という意味もあります。
表記については「トーン&マナー」「トーンアンドマナー」などが見られます。
英語では「Tone & Manner」「Tone and Manner」です。

続きを読む >>

「あいみつ」とは?ビジネス用語で使われる相見積の解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

「あいみつ」とは『相見積』(あいみつもり)の略で、複数の業者から見積書を取る・提出してもらう事を意味する用語です。
あいみつを取る」のように使われます。なお相見積は「合見積」の表記も時々見られます。

会社・組織・企業・団体などで、何かを購入したり工事や仕事を発注する際など、ビジネスシーンで使われる事が多いですが、個人でも複数の業者に見積を依頼すれば相見積となります。

あいみつの主な目的としては、最も良い条件で契約できる発注先を選択する事です。
1社だけから見積もりを取っても、その価格や内容が妥当なものなのか判断できないため、あいみつを行う事で相場を知ることにもなります。

続きを読む >>

「並行輸入品」とは?正規輸入品との違いなど解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

主にネット通販の商品説明などに記載されているのを見かける「並行輸入品」の意味は、海外メーカー・ブランドから正規のルート以外で輸入した商品の事です。
一方、並行輸入品でない正規のルートで輸入しているものを「正規輸入品」と言います。

正規とは別のルートである事から「並行」という名称が使われます。

「正規輸入品」は、海外メーカー・ブランドの日本法人(日本支社)であったり契約関係にある会社がメーカー・ブランドから直接買いそれを日本に輸入するのに対し、「並行輸入品」はメーカー・ブランドとは関係ない個人や会社が直営ショップや量販店やネットショップなどで一般に流通している商品を買い付けそれを輸入して販売しています。

続きを読む >>

アプリ検索のSEO「ASO(アプリストア最適化)」とは?

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

グーグルやヤフーなどの検索サイトで検索される各ワードの順位を上げる事を目的に、サイト内のコードを工夫するなどの施策をSearch Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)、略して「SEO(検索エンジン最適化)」とか「SEO対策」などといいます。
WEB関係者の間ではよく知られる用語ですが、ここ1年ほどでエンジニア関係者の間でよく聞くようになったSEOならぬ「ASO」という用語についての解説です。

続きを読む >>

「アーリーアダプター」とは?

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

IT関連のニュースなどでよく見かける「アーリーアダプター」の意味は、新しい商品やサービス、技術、スタイルなどを比較的早い段階で利用(購入であったり使用・採用)する人たちを指す言葉です。

例えば今でこそ当たり前のように使われているiPadのような、それまでになく未知数な新しい商品を早期に受け入れたり、サービスで言えばツイッターなどを早くから始めた人々が該当するかと思います。

続きを読む >>