「白ロム」「黒ロム」「半黒ロム」「灰ロム」「赤ロム」携帯電話で使われているそれぞれの用語を解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

「白ロム」に「黒ロム」、携帯電話の話をしているときに耳にする用語ですが、この他にも「半黒ロム」「灰ロム」「赤ロム」なるものも存在しています。
それぞれどんな意味があるのか、どんな違があるのかを解説します。

なお下記の説明文中にも出てきますが、これらの用語はSIMカードを使わない、いわゆるフィーチャーフォン(ガラケー)向けに誕生した用語で、スマートフォンのようにSIMカードが使われる前に誕生した用語です。
SIMカードを利用するようになった現在でもその名残で「白ロム」に「黒ロム」と言う表現を使いますが、厳密には当てはまらない言葉と言えそうです。

説明にある「従来の携帯電話」はフィーチャーフォンやガラケーと呼ばれるスマートフォンが普及する以前によく使われていた端末を指すものとします。
また、従来の携帯電話の一部の端末にはNTTドコモの「FOMAカード」やソフトバンクの「SoftBank 3G USIMカード」のようなICカードが使われていた端末もありますが、それらは除いてカードを使わない端末を対象に説明しています。

まずは一覧でその違いを簡単にご覧下さい。

白ロム 従来の携帯電話で電話番号などの契約情報の記録が入っていない端末。そのままでは使用できません。
スマートフォンでSIMカードの入っていない端末。基本的にはそのままでは使用できませんが、モバイル通信や通話以外のWi-Fiでのデータ通信は可能な場合もあります。
黒ロム 従来の携帯電話で契約情報が書き込まれており利用が出来る状態の端末。利用者のいる携帯電話はこの状態です。
スマートフォンではSIMカードが入っていて使える状態の端末。
半黒ロム 従来の携帯電話で、すでに電話番号は書き込まれているものの契約者のいない端末の事。灰ロムと似た挙動になります。
量販店などの店舗の在庫などがこれに当たります。
灰ロム 従来の携帯電話で、契約情報を残したまま解約された端末。
通常は解約時に端末をキャリアに持ち込み情報を抜き出してもらいますが、端末の紛失や盗難などで持ち込めずに解約だけする場合は灰ロムが出来上がります。
赤ロム 端末の割賦金や分割支払金の未納・滞納等によりキャリアが端末をロックしたもの。
モバイル通信が出来なくなるなど通信制限が行われ、基本的に二度と解除される事はありません。
従来の携帯電話ではほぼすべての操作ができなくなり、スマートフォンではWi-Fiでの通信は出来ますが、SIMカードを入れ替えてもモバイル回線は使えません。

スマホ用語集

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

スマートフォンを中心に、フィーチャーフォンやタブレットやルーターなどモバイル端末関連でよく目にする用語をまとめました。
新しい用語や足りない用語は随時追加の予定です。

タップやスワイプなど、操作についての詳細はこちら「スマホの操作やジェスチャーの名称一覧(作成中)」をご覧下さい。

スマートフォンでは「ROM」PCでは「ハードディスク」 なぜスマホとPCで表記が異なるか理由を解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

スマートフォンのスペックや仕様を見ていると、「OS」「CPU」「mAh」「カメラ画素数」「ディスプレイのサイズ」「IEE 802.11」等など、ノートパソコン(PC)と似たような項目が並んでいますが、スマホにしか見かけない表記があります。
それは「ROM」です。

PCには「DVD-ROM」や「BD-ROM」のように搭載しているドライブの性能についての項目にはありますが、スマートフォンにあるような単体での「ROM」の項目はまずありません。
この「ROM」の正体は何かと言うと、PCでいう「ハードディスク」(HDDやSSD)に当たります。

なぜ同じ「ファイルを保存する場所」なのにスマホとPCでそれぞれ呼び名が違うのか、またPCでは「メモリ」対しスマホでは「RAM」と表記される事が多い理由もあわせて下記で詳しく見てきます。

技適問題とは?SIMフリースマートフォン利用の際に注意したい問題を解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

技適問題とは、日本国内で技適マークのない(通信機器として認定を受けていない)スマートフォンやタブレットなどの通信機器を利用する事による違法行為や、現状それらを取り締まれていない事であったり、法整備の是非であったり、技適マークを取り巻く様々な問題の事を指して言う呼称です。

技適マークの詳細についてはこちら「技適マークとは?」をご覧下さい。

日本国内で無線機など通信の出来る機器を使用するには、総務省が管理する無線局免許か「技術基準適合証明」「技術基準適合認定」のどちらか、または両方の認証を受ける必要があり(微弱電波除く)、認証を受けた通信機器や設備には「技適マーク」を表示させる事になっています。

光コラボとは?光コラボレーションモデルの解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

光コラボは「光コラボレーションモデル」を略した用語で、NTT東日本またはNTT西日本が保有している光回線を借り受けた「光コラボレーション事業者」が、自身で運営している他のサービスなどとこの光回線を組み合わせるなどし、さらに便利なサービスとしてユーザーに提供するモデルの事です。

これまでNTT東西の光回線は対ユーザへのサービス提供のみであって、他企業に貸し出す(卸販売)などの業務的な提供は出来ませんでしたが、2014年10月に総務省から光サービスの卸売りを解禁する発表がありました。
一言でいうと「フレッツ光の再販が可能になった」と言えます。

これにより2015年2月より各社から光コラボがサービス開始となる見込みです。

NTT東西の光回線のような固定回線を借り受けて(光回線卸しを受ける)サービスを提供する事業者をFVNOを言います。
上で説明している「光コラボレーション事業者」に当たります。

テレビや雑誌・ネットで最近よく聞く格安スマホは「MVNO」を利用していますが、これはFVNOのモバイル版といえます。

両者とも、自社ではインターネットの回線や設備は持っておらず、FVNOならNTT東西やKDDIなどの固定回線を保有している会社から、MVNOならNTTドコモやauなどからモバイル回線を借り受けてサービス提供しています。

詳しくは以下をご覧ください。

FVNOとは?仮想固定通信事業者の解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

FVNOはFixed Virtual Network Operatorの略で、自らは固定回線のネットワークを持たず、他の事業者からそれらを借りてサービス提供する事業者の事です。

読み方はアルファベットをそのまま「エフブイエヌオー」。日本語で「仮想固定通信事業者」と訳されます。

FVNOはフレッツ光やauひかりのような固定回線を扱う事業者が対象ですが、LTEやWiMAXなどのモバイル回線が対象なのは「MVNO」といいます。
詳しくはこちら「MVNOとは?」をご覧ください。

これによって自社で回線網を持ち合わせていない会社であっても、FVNOとして回線網や設備をNTT東西などのから借り受け、インターネット接続サービスを独自ブランドとして各利用者に提供する事が出来ます。

インターネット回線網や設備を整えるには莫大な資金が必要になり、新規事業者の参入はかなりのハードルになります(ほぼ不可能)。
実際、独自に全国レベルでの回線網を保有しているのはNTTやKDDIなどしかありませんが、比較的参入障壁の低いFVNOの参入を促す事で価格競争やサービスの多様化に繋がり、ユーザのニーズを満たせ業界も活性化するメリットがあります。

「技適マーク」とは?SIMフリースマホとの関係もあわせて解説

この記事のカテゴリ
インターネット / ネット回線 / モバイル
この記事に付けられたタグ

技適マークとは「技術基準適合証明」および「技術基準適合認定」のどちらか、または両方の認証を受けている事を示すマークの事です。
技術基準適合証明を略して"技適"とし、読み方は「ぎてきまーく」です。

日本国内で無線機(微弱電波でない設備・機器)を使用するには、無線局免許かそれらの認証が必要で、それ以外の無線機を使用すると違法となる恐れがあります。

認証を受けた機器や設備には下の画像のマークを表示します。

  • 技適マーク
    現在の技適マーク。1995年から使用されています。
  • 旧タイプの技適マーク
    こちらは旧タイプの技適マーク。

携帯電話の技適マークはどこにあるかというと、端末の裏やバッテリーの収納場所、ディスプレイ表示だったりと、それぞれの端末やOSによって異なります。
iPhoneだとiOS7の場合、「設定」 → 「一般」 → 「情報」 → 「法律に基づく情報」 → 「認証」から確認する事が出来ます。