おいしい「海ぶどう」の選び方を解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

おいしい海ぶどうの選び方から、見分ける方法、保存方法などをあわせて解説します。
ここでは主に流通している「クビレヅタ」を対象にしています。

海ぶどうは主に沖縄や鹿児島で食べられている海藻の一種クビレヅタのことで、その見た目から「グリーンキャビア」と呼ばれている、プチプチとした食感とほんのり磯の香りがする食べ物です。
詳しくは「海ぶどうとは?」(作成中)をご覧ください。

海ぶどう
海ぶどう

続きを読む >>

ステーキの重さ8オンスから48オンスの写真比較とカロリー等の栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

8オンスから48オンスまで、ステーキの写真と栄養成分をまとめました。
ステーキ屋さんなどで見かけるオンス(またはオウンス)ですが、実際どれくらいの量なのか目安としてお使いいただければと思います。

他にも「グラム」「ポンド」やハンバーグの比較もあります。

1オンス(常用オンス)は16分の1ポンドで、グラムで換算すると28.349523125gになります。
英語の綴りは「ounce」で、単位は12ozのように「oz」と表記されます。
アメリカとイギリスなどが使用している国としては有名です。

続きを読む >>

ステーキ0.5ポンドから3ポンドまでの写真とカロリー等の栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

ステーキ肉のポンド(パウンド)ごとの栄養成分と、その写真を一覧にしました。
ハーフポンドから3ポンドまで掲載しています。

ステーキ専門店などで時々ポンドで表記されている場合など、どれくらいの量や大きさで一体何グラムなのかわかりませんよね。
そんなときに大きさや量の目安としてお使い下さい。

他にも「グラム」と「オンス」の写真、1ポンドステーキの詳細もありますので、よろしければ合わせてご覧ください。

ポンドをグラムに換算すると、1ポンドは453.59237グラムになります。
オンスでいうと1ポンド=16オンスです。
この単位が使われている国でよく知られるのはアメリカとイギリスですが、両国で少し重さの基準が異なりますので、ここではアメリカの重量を基準とします。
英語綴りは「pound」複数の場合は「pounds」で、単位は「lb」複数形は「lbs」です。

下に記載されている各栄養成分のデータは日本食品標準成分表を参考に、乳牛の脂身付肉の数値となっております。
和牛や輸入肉などその他の肉の種類についてはこちら「各種牛肉100gあたりのカロリー・栄養成分」のページに掲載したのでご覧ください。

続きを読む >>

ステーキのグラムごとの写真とカロリーなどの栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

牛肉ステーキのグラム(g)ごとの写真と、カロリー・脂質・たんぱく質などの各種栄養素をまとめました。

メニュー表にグラムだけで書かれていたり、実際と違う重さがサンプル写真になっている場合などはどれくらいの量なのかイメージしにくい場合もあると思いますので、そんなときの目安に使っていただければと思います。

肉の種類は「サーロイン」「ヒレ(フィレ、テンダーロイン)」「リブロース」「ランプ」「かたロース(チャック)」「モモ」。

重量は100gから1300gまで100g刻みに、ファミレスやステーキ屋さんで見られる120g・150g・180g・250g・350g・450gと、それぞれの重さに対する感想も合わせて掲載しました。

なおグラムの他にも「ポンド」と「オンス」の表記や1ポンドステーキの写真もこちらにまとめました。
グラム表記よりもさらにわかりづらいですよね。

続きを読む >>

サクマ式ドロップスなどのドロップ缶の開け方

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

サクマ式ドロップスのような、ドロップや飴の入った缶のフタを開ける方法についてです。

今回開けたのは、サクマ式ドロップスの復刻版
ジブリ作品の「火垂るの墓」で節子が持っていたあの缶です。

サクマ式ドロップス 火垂るの墓のレトロ缶

初めて見るとこれ、どうやって開けるのかわかりませんよね。缶に説明もないですし。
フタの縁を手でつかんで思いっきり引っ張ってもなかなか開きません…

続きを読む >>

「幻水涼餅」水晶のような透明感とぷるぷる食感の涼菓

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
追記:2015年2月24日にうんどんミュージアムの閉店が発表されました。
大阪がオープンしたばかりでしたが残念です。

幻水涼餅」はうどんミュージアム(うどん博物館)が夏季限定で販売している、京都祇園の名水からつくった水菓子です。
読み方は「げんすいりょうもち」。

似ているものとしては金精軒の「水信玄餅」が挙げられます。
こちらの幻水涼餅の方が一回り大きく硬めで弾力がありました。
知名度でいうと先に販売していた水信玄餅の方があると思います。
詳しくはこちら「水信玄餅の詳細」をご覧下さい。

水を崩れるかどうかのギリギリの硬さにしているとの事で、見た目は無色透明で幻想的な雰囲気があって食感はぷるんぷるんに仕上がっています。
味は無味無臭で口に含むと解けていきます。それ自体には味がないため、きな粉と黒蜜をかけて食べます。

幻水涼餅
幻水涼餅

続きを読む >>

「水信玄餅」清涼感ある水で出来たぷるんぷるんのお菓子

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ

「水信玄餅」は山梨県の銘菓として知られる信玄餅を製造販売している「金精軒」が、夏季限定で販売しているお菓子です。
南アルプスの伏流水である白州町の名水を使い、ぎりぎり形をとどめる程度の硬さに固めた透明なゼリー状の水菓子で、きな粉と黒蜜をかけて食べます。

似ているものとしてはうどんミュージアムの「幻水涼餅」が挙げられます。
詳しくはこちら「幻水涼餅の詳細」をご覧ください。

水から作られているためそれ自体に味はないですが、ぷるぷるした食感がきな粉&黒蜜のおいしさを引き立ててくれます。

水信玄餅
金精軒本店の水信玄餅

続きを読む >>