「きびつい」とは?意味や使い方を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「きびつい」は「厳しい」と「きつい」を組み合わせて作られた用語で、「厳しくてつらい」状況や気持ちを表現する言葉です。
心や身体がしんどい状態であったり、何か物事の状況が良くない時など、対象は様々です。

ただ、実際に使われている場面を見ると、致命的であったり深刻な場面で使うのではなく、「それはちょっと厳しいな」とか「行きたいけど行けないからつらいなー」といったニュアンスです。

以下のような使い方と表現があります。

  • もっと髪明るくしたいけど校則きびついから無理だあ
  • 給料日まできびついけど何とかする
  • 今日はきびつい、明日どう?
  • きびついっすね
  • 欲しいものあるけど今月はきびつい

発祥ははっきりしませんが、2015年終わり頃からLINEのやり取りで見かけるようになり、まだその頃はネットでは使われていなかったものの、2016年からは少しずつツイッターやSNSでも使われはじめるなどネットにも広まったようです。
使っているのは高校生など10代や20代前半の若い人達で、それ以上の世代と思われる方はあまり使っていない印象です。

まだネット以外のリアルでは耳にしない上に、まだあまり知られていないため、使っても相手に通じない可能性が高いです。
何となく響きで「厳しい」というのは伝わるかもしれませんが、「厳しい」を噛んだと思われそうですね(笑)。

なお、この「きびつい」はモデルプレスが発表している2016年のギャル流行語の10位にランキングされていて「JK語」とも言われています。
JKは女子高生の事で、この年代の女の子がよく使うという意味です。詳細はこちら「JKとは?」とご覧下さい。

一時的に流行ってすぐ使われなくなるパターンではなく、かなり多いわけではありませんが、現在もネット上で若者を中心に使われている用語の1つです。

他にもネット用語やツイッター用語をまとめていますのであわせてご覧ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。