「ダブスタ」とは?意味や使い方を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「ダブスタ」は「ダブルスタンダード」の略で、同じ状況にもかかわらず、対象によって異なる基準を設ける事を意味する用語です。

例えば、ある人に対しては「私はAとBを支持しています」と発言しているのに、別の人には「私はCとDを支持しています」というように発言を使い分けるなど、自分の都合のいいように発言や対応を変えることを指します。

英語の表記は「Double standard」、日本語では「二重規範」と訳されます。
完全には当てはまりませんが「二重基準」「二枚舌」などが類義語として挙げられそうです。

外交や政治の世界であったり会社経営などの分野でよく使われており、ここ最近ダブスタではないかと話題になったのは立憲民主党の辻元清美さんです。
他の党に所属する議員のトラブルには非常に厳しく辞任を迫るのに対し、自らは2019年2月に政治資金規正法で禁じられている外国人からの献金に違反(韓国籍の男性弁護士から献金を受けていました)している事が発覚したにもかかわらず、カメラなしの記者会見を開いたり、役職辞任を否定するなど、自分自身には大甘な対応を行った事から「ダブルスタンダード」だと批判を受けています。

現在ではネット掲示板やツイッターなどのSNSで時々見かける用語ですが、もともとネット以外で以前から使われており、2000年代後半頃からネット上への書き込みが見られるようになりました。
頻繁に使われる言葉ではなかったものの、2018年頃からツイッターを中心にダブスタが使われる場面を見かける機会が増えつつあり、あわせてネット以外のリアルでも耳にするようになってきました。

続きを読む >>

「陰キャ」(いんきゃ)とは?意味や特徴などを解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「陰キャ」(いんきゃ)とは、暗く目立たないタイプの人の事を指す言葉で、「陰気キャラ」または「陰気なキャラ」の略語です。

「暗いヤツ」「根暗」「ノリ悪い」という意味合いで使われる事が多く、あまりいい意味での言葉ではないですが、身内で面白がって使ったり、自虐ネタとしても使っている人も多いです。

語源は、暗く晴れ晴れしないという意味の「陰気」と、性格や性質の「キャラクター」の組み合わせで、「陰キャ」の表記が多いですが、時々「陰キャラ」も見かけます。
反対語としてよく使われるのが、明るく陽気なキャラクターという意味の「陽キャ」(ようきゃ)または「陽キャラ」で、ネット上では陰キャと陽キャを比較する話題がよく見られます。

陰キャの使い方や表現はこちらです。

  • 陰キャにはハードルが高いミッションだ
  • 本当は陰キャのくせに無理するから
  • 私みたいな陰キャでも勇気出して話しかけてみた
  • 陰キャと陽キャじゃ話が合わないでしょ
  • なんか陰キャっぽい人達の
  • 陰キャなので声かけられなかった
  • 陰キャコンビで行ったから

続きを読む >>

「エアプ」とは?意味・使い方から元ネタまで解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「エアプ」は「エアプレイ」または「エアプレイヤー」の略で、実際にはプレイ(経験、体験、実践など)していないにもかかわらず、あたかもプレイしたことがあるかのように振る舞う事です。

「知識が浅い」とか「知ったかぶり」「口だけ」「中身がない」といったネガティブな意味合い使われる事が多いですが、時々自虐ネタとしても使われます。

実際にはプレイしたことがあるものの知識が浅かったり経験不足である場合も「エアプ」が使われる事もあり、似たようなネット用語として、「にわか」と「知ったか」(知ったかぶり)が挙げられます。

2016年頃から若者を中心に、ネット以外のリアルな会話でも使われはじめ、2018頃からはネットのSNSや掲示板でよく書き込まれますし、リアルの会話でも時々耳にするくらいによく知られている用語となりました。
ただ、2019年現在10~20代前半の年齢層以外であったり、あまりネットをやらない20代後半から30代以降には、あまり知られていない状態です。

以下のような使い方や表現があります。

  • これ簡単って言ってる人、完全にエアプだろ
  • エアプ乙
  • エアプ感想聞かされて困惑
  • 本当エアプ勢多いなあ
  • エアプ卒業したい
  • エアプだからこれくらいが限界
  • とは言ったけど実はまだ買ってないからエアプなんだよ

続きを読む >>

「FRBご自由に」とは?ツイッターで使う「FRB」の意味を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

ツイッターで使われる「FRB」は「フォロー リムーブ ブロック」の事で、それぞれの頭文字「Follow」「Remove」「Block」を取って作られた造語です。

「FRBご自由に」というフレーズをよく見かけますが、「フォローもリムーブもブロックもご自由にどうぞ」という意味です。

フォローは相手のツイートが自分のタイムラインに表示されるようになるもので、リムーブは反対にフォローを外す事、ブロックは相手が自分のツイートを見れなくなったりフォロー出来なくなる機能です。

「FRB」のはっきりした発祥時期は不明ですが、2014年頃からちらほらツイッターで見かけるようになりました。
FRBの他にもスラッシュの「f/r/b」や、ドットの「F.R.B」や記号を付けた「F+R+B」というような表記も見かけますが意味は同じです。

本来ツイッターはFもRもBも自由に行えますし、特に相手の許可も必要ないため「FRBご自由に」とわざわざ宣言しなくても問題はありませんが、中には「勝手にフォローするな」とか「許可内リム禁止」(リムはリムーブの事)といった独自のルールを敷くユーザーも存在するため、トラブル等を避けるために使われていると考えられます。

FRBの使い方や表現についてはこちらです。

  • 気軽にFRBどうぞ
  • 【定期】FRBご自由に
  • FRB気にしませんので自由です
  • FRB自由です!相互はリプがDM下さい
  • 無言FRBお許しください

2番目はネット用語の「定期」です。詳しくは「定期とは?」をご覧下さい。
5番目は自分が相手に対して勝手にFRBするよという意味です。

続きを読む >>

「定期」の意味は?ツイッターやネットの書き込みで見かける「○○定期」を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

ネット用語の「定期」は、「定期的に書き込んでいる内容」という意味合いで使われている言葉です。
書き込まれている場所であったり文脈によって解釈が異なるのと、ネタで使われる場合もあるため、どういった意図で使われているかを読み取って意味を理解する必要があります。

詳しくは下の項目で解説しますが、例えばツイッターでお知らせや宣伝などのような決まったツイートを毎週行う場合などは、フォロワー側からすると先週も同じ内容だったと気づいた時にとてもがっかりしてしまいますが、予め定期的に行っているツイートだとわかるよう最初に「【定期】」と書いておけば定期ツイートだと理解出来ます。

ネット掲示板等では、同じような書き込みが行われる場面が多々あり、もう見飽きてしまった方が「もうそれ見飽きた定期」のように、実際には定期的に書き込んでいなくても、定期的にこういった事を書くくらいに多いというツッコミとして使ったりもします。

以下ではパターン別にさらに詳しい「定期」の解説をしますが、その前にネット用語意外で「定期」というと一般的にはどのようなものを指すのか、念の為確認してみましょう。

  • 電車やバスなどの公共交通機関で使う「定期乗車券」の事で、家から最寄りの駅から学校・職場までのような、特定の区間を繰り返し利用する場合などに購入しておく乗車券の事。
  • 銀行で予め設定された期間まで払い戻しをしない条件で預ける「定期預金」の事。
  • 一定の期間で行われる事が決まっているイベントや出来事を指します。一例としては「定期便」「定期講演」等が挙げられます。

続きを読む >>

「ググる」の意味は?語源や使い方などを解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「ググる」は「グーグルで検索する」とか「何か物事を調べる」「検索する」という意味です。
「ググ」の語源はインターネット検索サービスで世界的に有名なGoogle(グーグル)で、「る」は〇〇するの動詞、これらを組み合わせて作られた「グーグルする」という造語を略して「ググる」になりました。

現在日本の検索サイトはほぼグーグルが独占している状態ではありますが(ヤフーもグーグルの検索システムを採用しています)、以前は複数のインターネット検索サービスがある中、Googleで検索すると他のサービスと比べ圧倒的に回答に近いサイトを上位に表示してくれる確率が高いため、検索の代名詞とも言える存在になった事から生まれた用語です。

日本のインターネット黎明期、1990年台前半にはすでに使われており、ネット用語としては最も古くから使われている用語の1つと言えます。
「ググる」だけでなく、検索しろという命令調の「ググれ」「ググれや」とか、お願いする「ググって」「ググってみて」、自ら検索した時には「ググった」「ググってみた」という表現もあります。
ググは平仮名で「ぐぐる」とする表記も見られますが、よく見かけるのはカタカナの方です。

現在ではグーグルで検索して調べることだけでなく、グーグルを使わなかったり本などのようなネット以外を使って調べる方法も含め、わからない事を調べる行為を「ググる」と言うこともあります。

続きを読む >>

「クラスタ」とは?意味や使い方を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「クラスタ」(cluster)は英語で集団や群れの事で、ネットでは共通の趣味や目的や思想を持った人達の事やその集団を指したりする場合に使い、例えばアニメ好きの人達の事であれば「アニメクラスタ」のように言います。

実際に街で見かけた「おそ松さん」のイベントに集まっている人達の事を「おそ松クラスタがいっぱいいた」であったり、ネットで書き込んでいる鉄道ファンと思われる人の事を指して「鉄道クラスタかよ」といった使い方があります。

主にファンやオタクの事を指すことが多いですが、それに関わっている人全般を指す言葉のため、単にファンだけでなく詳しい人や仕事にしている人や稀にアンチ(批判する人)なども含んだ意味合いで使われる事もあります。
対象になるのは様々で、アニメや鉄道だけでなくアイドルやタレントやスポーツ選手、1アニメのキャラクターであったり食べ物や道具等に対しても使えます。

以下のような使い方や表現があります。

  • ポケモンクラスタなら当然買うでしょ
  • 艦これクラスタいるー?
  • どの車種が人気なの?車クラスタに聞いてみる
  • お城クラスタでオフ会したいな
  • ぜひ料理クラスタには聞いてほしい

もともとは「クラスター」と語尾を伸ばす読み方で、物質科学やコンピューターなど様々な分野で使われていた用語で、よく知らているのはパソコンのハードディスクで複数のセクターをまとめた単位でも使われています。

ネット掲示板の2ちゃんねる(現・5ch)で2011年頃からクラスタという表現が見られますが、「アニメ好きのクラスタ」のような現在とは少し違う表現だったものが、2013年頃からは近い書き込みが見られるようになり、少しずつツイッターを中心に広まりました。

続きを読む >>