jkとは?ネット用語で使われているいくつかの意味と使い方解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

「jk」といえば、よく知られている使われ方として「女子高生」が挙げられる思いますが、ネット上(主に2ちゃんねるやニコニコ動画など)ではここ何年かで女子高生以外のいくつかの意味で使われるようになってきています。

この「jk」という用語の意味と使い方を一覧にしてみました。

女子高生(女子校生)
一番認知度が高いのではないでしょうか。女子大生は「jd」女子中学生は「jc」女子小学生は「js」。
さらに進んだ用法で「jk1」と言ったら1年生のJK、「jd2」なら2年生のJD、「jc3」なら3年生のJCという使い方もあります。
常識的に考えて
常識的に考えてを略して常考、さらに短くしてjkです。使い方は『そこは行っておくべきだろjk』など。
自宅警備員
ひびきはかっこいい(?)感じがしますが、要はニートや引きこもりやネット廃人などを指します。ずっと自宅にいるという事です。使い方は『オレjkしてる』など。
冗談は顔だけにしろ
わかりにくいためか、最近あまり見かけません。使い方は『おまっ、それはありえんjk』など。
実は巨乳
一見しただけではわかりませんが、実は胸がある女性に対して使います。使い方は『●●たんjk』など。
Just Kidding
あまり使われていないようですが英語で「ほんの冗談ですよ」という意味があります。「jk’in」「jk’n」と短縮される場合もあります。
読み方は「ジャスト・キディング」です。
「jkjk」で「冗談冗談」などと使われています。

前後の文脈や会話の流れや空気を読まないと、同じ「jk」でも意味が違うので難しいですね。
他の意味があったり、新しい使われ方があったら随時更新の予定です。

jkはニコ生やツイッターやツイキャスなどでもよく使われていますので、よかったらあわせて以下の用語もご覧ください。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。