ワードプレスでサイト内検索されたキーワードを調べるプラグイン「Search Meter」

この記事のカテゴリ
CMS / ワードプレス他
この記事に付けられたタグ

ワードプレスで運営しているブログ・サイトで、ユーザーがどんなワードでサイト内検索をしたか集計してくれるプラグインのご紹介です。
Googleカスタム検索や、独自の検索システムを使っている場合は集計されませんので、ワードプレスに備わっているサイト内検索の場合に有効です。

プラグインはこちら。
Search Meter

インストールしたら有効化します。
プラグインのインストール方法が不明な場合はこちら「WordPressのプラグインをインストールする方法3つ」をご覧下さい。

管理画面左メニューの「設定」「Search Meter」に進み設定を行います。

Search Meterの設定
ここにddテキスト
Search Meterの設定画面

Show statistics to
集計結果を見れるユーザー(権限)を選べます。
通常は管理権限者の「Administrators only」でいいかと思います。
共有したい場合は他の選択をします。
Search filter
集計結果に出ないようにフィルタをかける事ができます。
「press」を指定すると「WordPress」も表示されなくなります。
Keep detailed information about recent searches (taken from HTTP headers)
サイト内検索をしたユーザのHTTPヘッダ情報を読み取って保存しておくかどうか決められます。
結果は集計ページの「Last 100 Searches」または「Last 100 Searches」にある「Show details」に進むと見る事ができます。
Hide the “Do you find this plugin useful?” box
下に表示されているDonate表示(PayPalでの寄付ボタン)を消す事が出来ます。
結果表示
Search Meterの管理画面
集計結果は管理画面左メニューにある「ダッシュボード」の項目「Search Meter」に進むと見れます。

設定にあった「Keep detailed information about recent searches (taken from HTTP headers)」の結果はこのように見れます。

HTTPヘッダ情報

(情報は僕のHTTPヘッダ情報で、他のユーザの情報は取得していません)

プラグインでなく、グーグルアナリティクスで集計したい方にはこちら「WordPressのサイト内検索ワードをGoogle Analyticsで計測する設定方法」に設定方法を書いたのでご覧下さい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。