「馬子禄 牛肉面 」は中国の蘭州ラーメンのチェーン店で、ここ神保町店は2017年8月22日にオープンした日本1号店になります。
2018年頃から蘭州ラーメンの店が増え始め、2019年3月25日には日清から「カップヌードル 蘭州牛肉麺」も発売されるなど、ちょっとした蘭州ラーメンブームも起きています。

牛骨を煮込んだコクがあるもののすっきりしたスープに、多数のスパイスを使った薬膳のような香り、麺はエキスパンダーのように両手を広げて作る手延べ麺が特徴です。
「馬子禄 牛肉面」の読み方は「まーずるー ぎゅうにくめん」です。

「馬子禄」(マーズルー)が店名で、中国に展開しているお店も同じ名前が使われていて、「牛肉面」は現地で蘭州ラーメンを意味する表記です。

公式サイトによると、現地にある蘭州ラーメンの店の中でも馬子禄は、唯一中国の政府機関が認定した老舗企業の称号「中華老字号」が与えられたお店で、100年以上の歴史があるとのこと。

それでは実際どんなお店なのか、写真とともに見ていきましょう。
訪問・撮影は2018年8月です。

店舗

馬子禄 牛肉面 神保町店
馬子禄 牛肉面 神保町店
店舗周辺
店舗周辺
看板
看板

目次に戻る

メニュー

選べるメニュー
選べるメニュー
メニューボード
メニューボード

お店を訪問した2019年時点だと選べる麺の種類が細麺・平麺・三角麺の3種でしたが、2022年時点だと以下の9種から選べます。

メニューは蘭州牛肉面だけなので、店に入ってすぐのカウンターで麺とトッピングを選んで注文終了です。

No. 名称 説明
1 毛細(マオシー) 極細麺、やわらかそうめん風
2 細(シー) 細麺、一番人気のスタンダード
3 二細(アーシー) 中太麺、食感が楽しい少し太い麺
4 二柱子(アージューズ) 太麺、もっちりうどん風
5 韮叶(ジューイエ) 平麺、クセになりそうな細めの平麺、定番
6 寛(クワン) 太めの平麺、薄くて幅広きしめん風
7 大寛(ダークワン) 極太の平麺、デカすぎ究極の太さ
8 蕎麦棱(チャオマイレン) 三角麺、スープが絡む個性派、お店のおすすめ
9 粗蕎麦棱(ツーチャオマイレン) 太めの三角麺、ガッツリ系、オリジナル麺

目次に戻る

蘭州牛肉面

蘭州牛肉面(らんしゅうぎゅうにくめん)
蘭州牛肉面(らんしゅうぎゅうにくめん)
牛肉、大根、ラー油、薬味、スープ
牛肉、大根、ラー油、薬味、スープ
横から見た蘭州牛肉面
横から見た蘭州牛肉面
蘭州ラーメンの細麺
蘭州ラーメンの細麺
上から見た蘭州牛肉面
上から見た蘭州牛肉面

麺は手延ラーメンなので太さはある程度同じですが、不揃いになっています。
プリッとした麺で、一般的なラーメンとは違いますがこのスープにとても合います。

ラー油を混ぜると辛くなるので、苦手な方はあまり混ぜないほうがいいかもしれません。
牛骨スープなので豚のような濃厚さはありませんが、多くのスパイスが効いた薬膳スープ。

黒酢を入れると味変になりますが、ラー油やパクチーなどが強いので味を確認しつつ多めに入れました。

目次に戻る

店舗情報

馬子禄 牛肉面 神保町店
所在地 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目3-18
電話番号 03-6811-7992
詳細
アクセス

目次に戻る