ネットで見かける「オワコン」とは?

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

ネットの掲示板やFacebookなどのSNS、ツイッター、ニコ生などいろいろな場面で見かける「オワコン」についての説明です。

オワコンは「終わったコンテンツ」の略で、一時期流行していたり勢いのあるコンテンツやサービスなどが、かつての人気が失いつつある下火の状態、ピークが過ぎて見捨てられてしまっていたりユーザーの数減少が著しい状態などを指す用語です。
表記は「オワコン」の他、「おわこん」「おわコン」「終わコン」などが見られます。

上記の通り、一時的なブームや勢いがなくなった状態を表現している用語なので「終わった」としていますが、実際にそのコンテンツが提供終了している状態ではなく、現在もコンテンツ提供が続いている最中に使われます。

オワコンの元ネタ(由来)は「涼宮ハルヒの憂鬱」というアニメについての2ちゃんねるスレで「ハルヒは終わったコンテンツ」という書き込みからと言われています。

この「オワコン」と言われる対象になるのは、サービスであったりコンテンツだけでなく芸能人や有名人など人物であったり、ウェブサイトや商品、ゲーム、テレビ番組、音楽など多岐に渡ります。

用語の使い方も色々あるのでまとめました。

オワコン化
オワコンになった状態を指します。「オワコン」を名詞的に使った用語なので意味はほぼ同じです。「オワコン化しそう」「完全オワコン化」などとも使われます。
オワコン先輩
主にオワコンとされる「人物」に対して使います。「先輩」としていますがこの文面では尊敬の意味でなく蔑称として使われています。
始まってもないけどオワコン
「始まった」は流行やブームを意味しているので、「一時的な勢いもなく終わった」という内容になります。

この用語が使われている場面を見ると、実際に勢いが落ちているサービスに対して使われている事が多いですが、単に古いからとか時代遅れだったり、そのサービスが嫌いだからとか、個人的な意見であるなども多々見かけますので、実際の判断は自分で調べてから行う必要があります。

他のネット用語も多数まとめていますので、以下の用語集も合わせてご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ネットで見かける「オワコン」とは?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。