「Random / Rotating Ads V2」バナーやテキストをランダムに表示してくれるワードプレスプラグイン

この記事のカテゴリ
CMS / ワードプレス他
この記事に付けられたタグ

ワードプレスで、アフィリエイト広告だったりバナーやテキストなどをランダム表示したい時によく紹介されている「WPAds」ですが、サーバー環境によって動作しなかったり文字化けやバックスラッシュが挿入されてしまうトラブルが多く、どうも使いづらい印象がありました。

これの変わりになってくれる、というよりさらに使いやすいプラグインが「Random / Rotating Ads V2」です。
まだ現時点で日本語化されていないのと、解説サイトがないのが難点ですが、WPAdsを使っていた方にはすんなり受け入れられるかと思います。

WPAds同様、PHPを使いますので、Exec-PHPなど、記事内やウィジェットでPHPを使用可能にしてくれるプラグインを入れる必要があります。

Random / Rotating Ads V2
こちらのリンクからダウンロードして解凍し、「http://あなたのドメイン.com/wp-content/plugins」にある「pluginsフォルダ」に先程ダウンロード&解凍したものをフォルダごとアップロードします。
管理画面にある「プラグイン」の一覧に進み、「Datafeedr Random Ads V2」を有効化します。

すると「ツール」欄に『Datafeedr Random Ads』が表示されているのでそちらから設定を行います。
「Add New Group」または「Create a new group」の表示をクリックするとこのような画面になります。

datafeedr-random-ads-v2-1

それぞれの入力欄の説明です。

Ad Group Name:
広告や表示するグループに名称を付けます。
Before Ad:
メインの表示である「Ad Boxes」の前に何か表示させる部分です。
After Ad:
メインの表示である「Ad Boxes」の後ろに何か表示させる部分です。
Ad Boxes
ここにランダムに表示したい内容を書き込みます。
Ad Box(ボタン)
ランダムに表示したい内容を記入する欄を追加出来ます。
Save Changes(ボタン)
変更を記録(有効化)します。

datafeedr-random-ads-v2-2

入力内容を保存すると、上の画像のような状態になります。
「Template Code」にあるPHPコードをコピーして、表示したい部分に貼り付ければ使えます。

なお、内容はいつでもAd Boxから増やすことが可能です。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。