「しごでき」は「仕事ができる」または「仕事ができる人」の略で、周りへの配慮や気配りができていたり、遊び場や飲食店などの知識が豊富で楽しませる事が出来たり等のような、「人への気遣いが出来る人」の事を意味します。

「仕事ができる」の言葉通りだと、職場で要領よく物事をこなしたり、周りからの評価が高く活躍していること等を指しますが、しごできは若干意味合いが異なる用語になっています。

しごできの使い方や表現は以下の通りです。

  • しごできだね!
  • さすがしごできの男
  • しごでき感ものすごい
  • 期待してなかったけどしごできだったわ
  • しごでき目指してます
  • しごできの店長で助かる
  • 雰囲気でしごでき感伝わってくる
  • しごできでイケメンだからね

もともとは夜職(よるしょく)の世界から生まれた言葉で、女性客への配慮や気配りができるホストに対して、女性客が使いだした事から広まりました。

はっきりした発祥時期は不明ですが、2019年頃からネット上で見かけるようになったため遅くともこれ以前から存在していたことになります。

10~20代の学生や若者の間ですぐに広まり、2021年頃からはツイッターなどのSNSで頻繁に見かけるようになりました。
2022年現在だとネットだけでなくLINEのやりとりであったり、ネット以外のリアルな世界でも耳にするようになるなど、若者の間ではかなりの知名度が上がっています。

発音が似ている「しごおわ」という用語もあますが、こちらは「仕事が終わった」の略であり別の用語です。