実は「シャープ」じゃない電話機ボタンの「シャープ」

この記事のカテゴリ
その他
この記事に付けられたタグ

タイトルだけではちょっとわかりにくいですが、電話についている「シャープボタン」のお話。

よく自動音声のボタン操作案内でも「2番とシャープを」のような感じでアナウンスされますし、一般的にも「シャープ」って呼ばれてますよね。

でもこのマーク、音楽の楽譜で使われるシャープに似ていますが、実はシャープではありません。
本物のシャープはこちら「♯」で、電話についているシャープはこちら「#」。

♯と#よく見ると前者のシャープは縦線が真っ直ぐになっていて、後者は斜めになっています。

ではこのシャープに似たマークの正体はというと、「井桁(いげた)」といいます。

シャープ
井桁

井桁の他にも下記のような呼び方もされます。

  • パウンド
  • ナンバーキー
  • ハッシュキー
  • スクエア

パソコンで変換するときは、♯(シャープ)の場合は「しゃーぷ」で。#(いげた)の場合は「いげた」か「なんばー」と入力して変換することが出来ます。

ただ、もうこの「シャープ」ボタンの呼称は一般的になっているため、現時点で全く不便はないですし、今から正しい呼び方に変更する方が不便で時間もかかりますから、このまま「シャープ」と呼ばれ続けることになりそうです。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。