39畳(帖)はどれ位の広さ?平米への換算や何坪かを解説

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
39畳(帖)はどれ位の広さ?平米への換算や何坪かを解説

39畳はどれ位の広さなのかがわかる参考写真や、平米や坪への換算をまとめました。
旅館やホテルに宿泊する際やアパートやマンションなどの賃貸であったり不動産を購入する際などにご利用下さい。

他の畳数を探す場合はこちら「「畳」の広さ一覧表」に掲載しておりますので合わせてご覧下さい。

39畳は文字通り畳39枚分で、平米(平方メートル)にすると63.18㎡となり、正方形の部屋だと約7.95メートル四方(7.95m×7.95m)です。

ホテルでいうとリゾートホテルで2~4人向けの部屋で、4人でもゆとりをもって利用する事で、5人でも問題ない広さです。

ホテル予約サイト
賃貸情報サイト
引越見積もり

国土交通省が発表している「住生活基本計画」では、最低限必要な広さの目安(最低居住面積水準)として一人暮らしでは25㎡、2人以上の世帯では10㎡ × 人数 + 10㎡
十分な広さの目安(誘導居住面積水準)としては都市部の一人暮らしで40㎡、都市以外では55㎡
2人以上の世帯では都市部で20㎡ × 人数 + 15㎡、都市以外では25㎡ × 人数 + 25㎡とされていますので、賃貸や宿泊施設を決めるときの目安にお使い下さい。

39畳を他の単位への換算したものがこちらの表になります。

平方メートル(平米) 四方(縦横) 間取りの目安
39畳 63.18平米 19.11坪 7.95m 2DK、2LDK、3DK、3LDK
←38畳へ すべて見る 40畳へ→

以下では39畳の広さを感覚的に理解していただくために、写真を用意しました。
また、各地方で畳の寸法の基準が違う事についても解説していますのでご覧下さい。

なお、他の畳のサイズや坪・平米については下記のページに一覧表を掲載していますので必要であればご覧下さい。

続きを読む >>

「ショコリキサー」とは?ゴディバのチョコレートドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ショコリキサー」とは?ゴディバのチョコレートドリンクを解説

「ショコリキサー」はベルギーのチョコレートメーカーで知られる「ゴディバ」(Godiva)が販売している、チョコレートや様々なフレーバーのシロップとともに氷を細かく砕いて作るチョコレートドリンクで、冷たいフローズンドリンクだけでなく、温かい「ホットショコリキサー」もあります。

チョコレート専門ブランドらしく、他社のフローズンドリンクと違いフルーツやゼリーなどの具材であったり色鮮やかな素材をトッピングに使ったりすることは少なめで、カカオニブやチョコチップ等のようなよりチョコの香りを引き立てる素材を使ったものが多いのが特徴で、サイズは「レギュラーサイズ」「ラージサイズ」の2種から選べます(商品によっては選べない場合もあります)。

また、フローズンドリンクのショコリキサーだけでなく、温かい「ホットショコリキサー」もあります。

通年販売されている4種(下の項目で詳しく解説)の他、季節ごとに期間限定で新作のショコリキサーが2から3か月くらいの周期で発表されています。

すべてのゴディバで買えるわけではなく、一部の店舗でのみ取扱があります。
公式サイトでは取扱店舗と、今販売されているショコリキサーについての最新情報が確認出来ますので以下のリンクをご利用下さい。

続きを読む >>

「クラッシャーズ」とは?KFCのフローズンドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「クラッシャーズ」とは?KFCのフローズンドリンクを解説

「クラッシャーズ」はケンタッキーフライドチキン(略:KFC、ケンタ)が販売しているフローズンドリンクです。
ミルクやチョコなどのシロップとフルーツの果肉やチョコチップなどの具材とともにミキサーで氷を細かく砕いて作られる冷たい飲み物で、上にはクリームやクッキーなどがトッピングされる場合もあります。

「Krushers」(クラッシャーズ)の名称は、英語で「砕く」という意味の「crush」(クラッシュ)と、KFCの「k」を当てて作られた造語です。

年間を通して販売されている定番のクラッシャーズと、季節ごとに限定販売されるクラッシャーズのラインナップがあり、3ヶ月位のペースで入れ替わります。

同様の商品として挙げられるのはスターバックスの「フラペチーノ」で、どんな飲み物かと聞かれたら『ケンタのフラペチーノ』と説明するとわかりやすいかと思います。

食感はシェイクと似ていますが、氷から撹拌して作られるためシェイクの滑らかさとプラス氷のガリガリっとした感触もあります。

KFCの全店舗でクラッシャーズの取り扱いがあるわけではなく、設備を備えた一部の店舗からでしか購入出来ません(下の項目で詳しく説明)ので、以下のリンクから対象店舗を確認しておく必要があります。
また現在販売されているクラッシャーズはメニューページの下部に記載されています。

続きを読む >>

1平米の広さはどれ位?帖・坪への換算と間取りの目安

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
1平米の広さはどれ位?帖・坪への換算と間取りの目安

1平米はどれはどれ位の広さなのか、参考となる写真と坪・帖への換算について解説します。

上の写真にある白枠の部分が1平米で、縦1メートル横1メートルです。

広さ(面積)を表す際によく使われる平米ですが、「1平方メートル」と同じ意味で、単位記号は「㎡」です。
日本ではメートルを漢字で米と表記していたため、平方メートルを「平方米」とし、これを略したものが「平米」です。

ホテル予約サイト
賃貸情報サイト
引越見積もり

国土交通省が発表している「住生活基本計画」では、最低限必要な広さの目安(最低居住面積水準)として一人暮らしでは25㎡、2人以上の世帯では10㎡ × 人数 + 10㎡
十分な広さの目安(誘導居住面積水準)としては都市部の一人暮らしで40㎡、都市以外では55㎡
2人以上の世帯では都市部で20㎡ × 人数 + 15㎡、都市以外では25㎡ × 人数 + 25㎡とされていますので、賃貸や宿泊施設を決めるときの目安にお使い下さい。

以下では1平米の他の単位への変換、そして広さの目安になる写真を使って解説します。
他の平米数の写真や「帖(畳)」「坪」の目安もまとめていますので、よかったらあわせてご覧下さい。

続きを読む >>

2平米の広さはどれ位?帖・坪への換算と間取りの目安

この記事のカテゴリ
表記・表示
この記事に付けられたタグ
2平米の広さはどれ位?帖・坪への換算と間取りの目安

2平米はどれ位の広さなのか、参考となるホテルの部屋の写真と、坪・帖への換算と間取りについて解説します。
ホテルに宿泊したり、アパートやマンションなど賃貸を借りる際などにお使い下さい。
なお平米は「面積」「平方メートル」と同じ意味で、単位は「㎡」です。

2平米は約1.41m四方(縦1.41メートル×横1.41メートル)のスペースになりますので、(建物や部屋で2平米の建築物は恐らくないと思いますが)建物がもし正方形の1階建であれば間口は約1.41メートルです。

広さというか、大きさはおよそ1人向けの敷布団のサイズで、シングルのマットレスに近いサイズです。
宿泊施設だとカプセルホテルが該当し、賃貸などの住むスペースとしては見たことはありません。

ホテル予約サイト
賃貸情報サイト
引越見積もり

国土交通省が発表している「住生活基本計画」では、最低限必要な広さの目安(最低居住面積水準)として一人暮らしでは25㎡、2人以上の世帯では10㎡ × 人数 + 10㎡
十分な広さの目安(誘導居住面積水準)としては都市部の一人暮らしで40㎡、都市以外では55㎡
2人以上の世帯では都市部で20㎡ × 人数 + 15㎡、都市以外では25㎡ × 人数 + 25㎡とされていますので、賃貸や宿泊施設を決めるときの目安にお使い下さい。

それでは2平米についてさらに詳しく見ていきましょう。
他の平米数の写真や「帖(畳)」「坪」の目安もまとめていますので、よかったらあわせてご覧下さい。

続きを読む >>

焼肉1人前は何グラム?焼肉100gから1500gまでの目安写真と栄養成分まとめ

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
焼肉1人前は何グラム?焼肉100gから1500gまでの目安写真と栄養成分まとめ

「コワーキングスペース」とは?コワーキングの意味や語源、料金や利用方法などを解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ
「コワーキングスペース」とは?コワーキングの意味や語源、料金や利用方法などを解説

「コワーキング」はオフィス形態やワークスタイルの1つで、仕事を行うデスクやソファー、事務所、会議を行うミーティングルームなどの場所が共用スペースになっており、異なる会社の社員や各個人事業主などがそれらをシェアしながら働く事を指す用語で、そのようなスタイルで働ける場所・環境を「コワーキングスペース」といいます。

これまでの多くのオフィスビルでは、各フロアの一角を借り、そこにデスクやテーブルだけでなく打ち合わせの部屋を作ったりコピー機などの仕事に必要な道具を設置し『同じ組織の人がその場所で働く』ことになるわけですが、コワーキングの場合は会議室などを除き『同じ組織の人がその場所で働く』スペースがなく、コワーキング内のどのデスクやソファーでも仕事が出来ます。

コワーキングスペースとよく比較されるのがレンタルオフィスで、仕事に必要な道具一式が揃っている点は共通していますが、レンタルオフィスが区切られたスペースを契約した個人や法人が利用するのに対し、コワーキングは区切られたスペースやパーテーションなど無く、契約者でシェアしながら利用する点が異なります。

イメージとしては図書館のようなオープンスペースに、会議室や打ち合わせなどが出来る部屋がプラスされたような、よりオフィスとしての環境を整えた場所と思っていただけるとわかりやすいかと思います。

利用者はスタートアップの起業家や、フリーランスのシステムエンジニア(SE)であったり、デザイナー、建築家、コンサルタント、ライターなど仕事場所を選ばない業種が多く、各々が独立した仕事を行いながらも同じ価値観を共有するコミュニティーが形成され、知識やアイデアの共有、情報交換、他の分野の人たちとの交流などで仕事上での相乗効果を得られるとされます。

続きを読む >>