「トスツイ」とは?ツイッターで「@tos」とツイートする意味や理由を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

トスツイとはツイッターで「@tos」を最初に付けてつぶやくことで、フォロワー達のタイムライン上に表示されないようにするツイートの事です。

tosはすでにツイッター公式が保有していて、一般ユーザがツイッターIDとして使えない文字列です。
リプライ先をこのtosに向ける事でタイムラインに表示されないようにした、リプライの特性を利用したツイートです。

トスツイの目的としては、フォロワー達に気づかれないように密かにつぶやきたい内容や、タイムラインには表示されないもののつぶやき一覧ページからは見る事が出来るため、自分のつぶやきをよく見てくれてるユーザだけに伝えたい場合などに使います。

tosでなくてもhelpのような一般ユーザ取得できないツイッターIDでリプライすれば目的は果たせますが、tosが昔からよく使われておりこの名称が定着しました。

トスツイ」または「tosツイ」「tosツイート」と表記されます。

最初に書いたIDが対象になるため「@tos @任意のID つぶやき」これはトスツイですが、「@任意のID @tos つぶやき」これはトスツイになりません。

なぜつぶやきの最初に「@tos」を付けると相手のタイムラインに自分のつぶやきが表示されないのか、ツイッターに詳しい人ならピンとくるかと思いますが、以下ではさらに詳しく解説していきます。

例えば『@tos これがトスツイやで』とつぶやいたとします。
この、最初にアットマークとアルファベットを付けてつぶやく形式をリプライといい、アルファベットの部分はツイッターIDがtosという方を指していて、その方へ向けてのつぶやきということになります。

上記のつぶやきは、ツイッターIDが「tos」の人のタイムラインにはこのつぶやきが表示されます。
自分のIDが「help」だとして、相手が「@help へーそれがトスツイか」とつぶやけば、2人の会話のような形式になります。
この会話を第三者がタイムラインに表示させるには「tos」と「help」の両方をフォローする必要があります。
どちらか片方しかフォローしていない場合は表示されません。

リプライはあくまで第三者のタイムラインに表示されないだけで、つぶやき自体は公開されているので「ツイートと返信」のリンクから誰でも見られる状態です。

最初に言及しましたが、tosというIDはツイッター公式が抑えているIDのため一般ユーザが取得できません。
という事は、どうやってもtosをフォローする事ができません。

上に書いたtosとhelpの会話は、その両方をフォローしないとタイムラインには表示されませんが、tosをフォローする事ができないためタイムラインにはどうやっても表示させる事は出来ないという仕組みです。

「tosツイ」とは言いますが、tosでなくても一般ユーザが使えないIDに向けてリプライすれば一応トスツイになります。
tos以外にもそのようなIDはいくつか存在していて、一例として下記のIDがトスツイとして使えます。

  • help
  • http
  • home
  • lists
  • following
  • search
  • about
  • goodies
  • jobs
  • privacy
  • followers
  • favorites
  • replies
  • inbox
  • sent

使われていないIDと言っても、凍結されているIDの場合はいずれ一般ユーザが登録できるようになる可能性があるためトスツイとしては使えません。

他のツイッター用語やツイキャス、ニコニコ用語なども多数まとめていますので、よかったらあわせてご覧下さい。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。