から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
から揚げ100gから1kgまでどれ位の量なのか写真を使って解説、栄養成分も合わせて掲載

「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「フラッペ」とは?様々な意味で使われるフラッペを解説

「フラッペ」は、かき氷やシェイクなどのフローズンドリンク、細かく砕いた氷にフルーツをトッピングしたデザート、クラッシュアイスを使ったカクテルなどのような、氷を使ったスイーツ(稀にお酒、カクテルなども)を指す言葉です。
語源となっているのはフランス語の「Frappé」で、氷を削ったり細かく砕いたものにリキュール(お酒)やシロップや果汁などを加えて飲んだり食べたりするものですが、そこから由来し氷を使って作られるもの全般に使われる用語になっています。

また、食べ物とは関係ないバレエの世界でも使われていて、「バットマン・フラッペ」(battement frappé)という動作を略してフラッペと呼んでいます(下の項目で詳しく解説)。

続きを読む >>

「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ジャバクーラ」とは?シアトルズベストコーヒーのフローズンドリンクを解説

「ジャバクーラ」(JAVAKŪLA)はカフェチェーンの「シアトルズベストコーヒー」(Seattle's Best Coffee、略:SBC)が販売しているフローズンドリンクで、コーヒーやフルーツなどのフレーバーとともに氷をミキサーで砕いてつくられる、シャリシャリとした食感の冷たい飲み物です。
上にはホイップクリームや季節ごとの素材などがトッピングされることもあります。

他社になりますが、よく知られている近い商品としてはスターバックスコーヒーのフラペチーノが該当します。
誰かにジャバクーラを説明する際は「シアトルズベストコーヒーのフラペチーノ」と言うとわかりやすいかと思います。

年間を通して販売されるものと、季節ごとに限定販売されるものがあり、2~3ヶ月くらいの周期で新作がリリースされます。
ジャバクーラは基本的にはコーヒーをベースにしており、その他の素材を使ったものは「クリームクーラ」「フルーツクーラ」としてリリースされています(下の項目で解説)。

続きを読む >>

「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「レアチャー」「レアチャ」とは?低温調理したピンク色のチャーシューを解説

「レアチャー」または「レアチャ」は「レアチャーシュー」の略で、生焼けの意味がある英語の「レア」(rare)と、ラーメンのトッピング等に使われる調理肉「チャーシュー」(焼豚)を組み合わせ、さらに略したのがレアチャー、レアチャです。

「レアチャー」と「レアチャ」はどちらも同じ意味ですが、前者の方がやや多く使われている印象です。

いわゆる「昔ながらの中華そば」を提供する老舗でなく、2000年以降にオープンした新しい潮流のラーメン店で採用される事が多く、2000年代から一部のラーメン店で見られるようになり、2010年以降は全国的に広まりつつあります。

見た目はピンク色で生肉のように見えますが、低温調理により旨味を逃さず食感はとても柔らかくジューシーな味わいが特徴です。
牛豚の違いはあるもののイメージで近いのはローストビーフが挙げられますが、表面を焼いてから一定の温度で火を通すローストビーフに対し、レアチャーシューは表面を焼かない事が多いです。

続きを読む >>

人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)の店舗一覧、特徴やメニューについて解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)の店舗一覧、特徴やメニューについて解説

神奈川県の横浜市で誕生した人気ラーメン店「丿貫」(へちかん)についての解説です。
煮干しラーメンで知られる丿貫ですが、日替わりのメニューがあったり、昼と夜で営業形態が異なっていたりと、一般的によくあるラーメン屋さんとは異なる点があるため、事前に知っておくことでより丿貫を楽しめる情報をまとめました。

かなり文章が長くなってしまったため、初めてお店に行く際に覚えておきたい丿貫の特徴を凝縮してお伝えすると以下の通りです。

  • 「丿貫」の読み方は「へちかん」
  • 煮干しラーメンが原点であり基本メニューで、「肉増し・うずら卵」で注文するのが個人的におすすめ
  • 「セメント系」と呼ばれる煮干し色でドロドロの濃厚スープ、麺は「パツンパツン」とも表現される低加水で硬め
  • チャーシューは「レアチャーシュー」と呼ばれる低温調理されたピンク色の柔らかい肉
  • 同じ「煮干しラーメン」でも店舗によって味が異なっていたり、煮干しの産地を変更(ツイッターやメニュー表に記載)したりと違った味を楽しめる
  • 全国から取り寄せた素材の味をそのままスープにした日替わりメニューがあり、早めに行かないと売り切れてしまう事が多い
  • 日替わりメニューは各店舗で異なり、それぞれの公式ツイッターで確認できる
  • ラーメンだけでなく「和え玉」もおすすめ(下の項目で解説)、よくかき混ぜてからそのまま食べても、スープにつけて食べてもOK
  • 麺の量をハーフに出来るので、いろいろなメニューを楽しみたい時にはハーフで注文するのがいい
  • 営業時間や定休日は店舗によって違ったり臨時休業などもあるため、ツイッターを確認してから来店が良い
  • 昼と夜で営業形態が代わり、昼はラーメン店、夜は日本酒のお店となりお酒の注文が必須になることも
  • 夜営業はおつまみ類が充実し、ラーメンは昼とは違い肉が乗らないなど、お酒にあった仕様になったり和え玉が注文できないなどの違いがあるため、本格的にラーメンを楽しみたい場合は昼に行くのがベスト

続きを読む >>

「ショコリキサー」とは?ゴディバのチョコレートドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「ショコリキサー」とは?ゴディバのチョコレートドリンクを解説

「ショコリキサー」はベルギーのチョコレートメーカーで知られる「ゴディバ」(Godiva)が販売している、チョコレートや様々なフレーバーのシロップとともに氷を細かく砕いて作るチョコレートドリンクで、冷たいフローズンドリンクだけでなく、温かい「ホットショコリキサー」もあります。

チョコレート専門ブランドらしく、他社のフローズンドリンクと違いフルーツやゼリーなどの具材であったり色鮮やかな素材をトッピングに使ったりすることは少なめで、カカオニブやチョコチップ等のようなよりチョコの香りを引き立てる素材を使ったものが多いのが特徴で、サイズは「レギュラーサイズ」「ラージサイズ」の2種から選べます(商品によっては選べない場合もあります)。

また、フローズンドリンクのショコリキサーだけでなく、温かい「ホットショコリキサー」もあります。

通年販売されている4種(下の項目で詳しく解説)の他、季節ごとに期間限定で新作のショコリキサーが2から3か月くらいの周期で発表されています。

すべてのゴディバで買えるわけではなく、一部の店舗でのみ取扱があります。
公式サイトでは取扱店舗と、今販売されているショコリキサーについての最新情報が確認出来ますので以下のリンクをご利用下さい。

続きを読む >>

「クラッシャーズ」とは?KFCのフローズンドリンクを解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
「クラッシャーズ」とは?KFCのフローズンドリンクを解説

「クラッシャーズ」はケンタッキーフライドチキン(略:KFC、ケンタ)が販売しているフローズンドリンクです。
ミルクやチョコなどのシロップとフルーツの果肉やチョコチップなどの具材とともにミキサーで氷を細かく砕いて作られる冷たい飲み物で、上にはクリームやクッキーなどがトッピングされる場合もあります。

「Krushers」(クラッシャーズ)の名称は、英語で「砕く」という意味の「crush」(クラッシュ)と、KFCの「k」を当てて作られた造語です。

年間を通して販売されている定番のクラッシャーズと、季節ごとに限定販売されるクラッシャーズのラインナップがあり、3ヶ月位のペースで入れ替わります。

同様の商品として挙げられるのはスターバックスの「フラペチーノ」で、どんな飲み物かと聞かれたら『ケンタのフラペチーノ』と説明するとわかりやすいかと思います。

食感はシェイクと似ていますが、氷から撹拌して作られるためシェイクの滑らかさとプラス氷のガリガリっとした感触もあります。

KFCの全店舗でクラッシャーズの取り扱いがあるわけではなく、設備を備えた一部の店舗からでしか購入出来ません(下の項目で詳しく説明)ので、以下のリンクから対象店舗を確認しておく必要があります。
また現在販売されているクラッシャーズはメニューページの下部に記載されています。

続きを読む >>