「幻水涼餅」水晶のような透明感とぷるぷる食感の涼菓

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
追記:2015年2月24日にうんどんミュージアムの閉店が発表されました。
大阪がオープンしたばかりでしたが残念です。

幻水涼餅」はうどんミュージアム(うどん博物館)が夏季限定で販売している、京都祇園の名水からつくった水菓子です。
読み方は「げんすいりょうもち」。

似ているものとしては金精軒の「水信玄餅」が挙げられます。
こちらの幻水涼餅の方が一回り大きく硬めで弾力がありました。
知名度でいうと先に販売していた水信玄餅の方があると思います。
詳しくはこちら「水信玄餅の詳細」をご覧下さい。

水を崩れるかどうかのギリギリの硬さにしているとの事で、見た目は無色透明で幻想的な雰囲気があって食感はぷるんぷるんに仕上がっています。
味は無味無臭で口に含むと解けていきます。それ自体には味がないため、きな粉と黒蜜をかけて食べます。

幻水涼餅
幻水涼餅

ぷるぷるな食感 幻水涼餅
ぷるぷるな食感
透明感があって涼しげな見た目 幻水涼餅
透明感があって涼しげな見た目

出てきたときの第一印象はまるで大きいレンズ。
予想以上に大きく透明度がありキラキラでした。

2014年現在、販売しているのは京都のうどん博物館のみですが、今後大阪と東京にもオープンするとの発表があるので、そちらでも販売される事になった場合はわかり次第、下記にある販売店の項目に追記します。

販売店情報

1度目に行ったときは「予約でいっぱい」のため食べる事ができませんでしたので、来店の際はあらかじめ予約しておくがおすすめです。

2014年の販売期間は6月23日から9月末日までの毎日14時から、持ち帰り・通販は不可です。値段は290円。

うどん ミュージアム(うどん博物館)
うどんミュージアム(京都)
うどんミュージアム(京都)
住所 京都市東山区祇園町北側238-2
電話番号 075-531-0888
営業時間 11時~22時
定休日 年中無休
アクセス 作成中
地図 Googleマップで見る
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。