HTML・CSS・PHPなど各種コードでのコメントタグ(コメントアウト)まとめ

この記事のカテゴリ
WEBサイト運営 / 各種コード
この記事に付けられたタグ
, , , ,

HTML、XHTML、CSSそれぞれのコメントタグのサンプルを一覧にしました。
コメントタグで囲まれたテキストは、サイトを閲覧したときには見る事が出来ません。
ただソースを見ればそのまま表示されていますので、見られてはまずい秘密を書くのではなくサイト運営上必要なコメントを書くようにして下さい(なお厳密に言うとタグではなく宣言です)。

HTML・XHTMLでの記述方法
<!-- (HTMLの場合)この部分に表示したくないテキストを書きます。 -->

HTMLでもXHTMLでも上記の方法でコメントアウトが可能です。
(記述は同じでもやや定義が異なる部分がありますが省略)
このタグ内ではハイフンを2つ続けて使ってはいけないので注意。

CSSでの記述方法
/* (CSSの場合)この部分に表示したくないテキストを書きます。 */

スタイルシートのコメントアウトは「/*」と「*/」の間に記述します。

PHPでの記述方法
/* (PHPの場合)この部分に表示したくないテキストを書きます。 */

または

// (PHPの場合)この部分に表示したくないテキストを改行なしで書きます。

または

# (PHPの場合)この部分に表示したくないテキストを改行なしで書きます。

PHPのコメントアウトは3パターンあってスタイルシートと同じ用に「/*」と「*/」の間に記述する場合が1つ目と、「//」または「#」で始まり閉じタグなしの2つです。
前者は複数行に渡るコメントも対応可能で、後者2つは改行不可能な1行のみ有効なコメントの場合に使います。

.htaccessでの記述方法
# (.htaccessの場合)この部分に表示したくないテキストを改行なしで書きます。

.htaccessでは「#」を使います。改行は不可能です。
どうしても行の途中でコメントを挿入したい場合は「"」で囲むと有効になります。("#コメント")

JavaScript(jQuery)での記述方法
/* (JavaScriptの場合)この部分に表示したくないテキストを書きます。 */

または

// (JavaScriptの場合)この部分に表示したくないテキストを改行なしで書きます。

PHPと同じく、「/* コメント */」は複数行に使え、「//」の閉じタグなしは改行不可です。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。