映画のセリフで聞かれる「サノバビッチ」の意味と英語綴り

この記事のカテゴリ
英語 / 外国語訳
この記事に付けられたタグ

洋画のワンシーンで誰か相手に向かい「サノバビッチ!」と聞こえるセリフを聞く事があります。

規制されているのか時代の流れなのか、最近の映画ではあまり聞かれないセリフですが、昔のアクション映画等を見ると俳優さんたち結構言ってます。


これ、何と言っているかというと「son of a bitch」で、直訳すると「売春婦の息子(子供)」となります。

  1. 遅め : ソン(サン)オブアビッチ
  2. 普通 : サンノブアビッチ
  3. 早口 : サノバビッチ

意味合い的には「ヤリ○ン女の息子め!」とか「お前のかーちゃんはメス○タだ!」となるでしょうか。

日本語字幕だと「バカヤロー!」とか「クソッタレ!」「クソ野郎!」などと訳される事が多いようです。

相手に対して強烈に侮辱する言葉で、日本人が思っている以上に汚く危険な言葉です。

LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。