2004年(平成16年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2004年(平成16年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第21回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2004年に起きた主な出来事は以下の通りです。
流行語が生まれた時代背景として参照ください。

  • 自衛隊のイラク派遣開始(1月)
  • 陸上自衛隊本隊第一陣がイラク入り(2月)
  • マドリード列車爆破テロ事件が発生(3月)
  • 尖閣諸島・魚釣島に中国人7人が上陸し沖縄県警が逮捕(3月)
  • イラク日本人人質事件が発生、誘拐された3名は後に開放(4月)
  • 上海総領事館員自殺事件が発生(5月)
  • 小泉首相が北朝鮮を再訪問し日朝首脳会談が行われた(5月)
  • イラクで取材中の日本人フリージャーナリスト2名が銃撃され死亡(5月)
  • アテネオリンピック開幕(8月)
  • ロシアでベスラン学校占拠事件が発生(9月)
  • アテネパラリンピック開幕(9月)
  • イラク日本人人質事件が発生、後に遺体が発見される(10月)
  • ニンテンドーDSが北米で発売、後に世界各国で発売(11月)
  • ソニー・コンピュータエンタテインメントのPSP(PlayStation Portable)が日本発売、後に世界各国で発売(12月)
  • スマトラ島沖地震が発生(12月)

続きを読む >>

2003年(平成15年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2003年(平成15年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第20回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2003年に起きた主な出来事は以下の通りです。
流行語が生まれた時代背景として参照ください。

  • 北朝鮮が核拡散防止条約脱退(1月)
  • スペースシャトルのコロンビア号空中分解事故(2月)
  • イラク戦争開戦(3月)
  • 中国で新型肺炎SARSが大流行(3月)
  • アメリカでiTunes Music Storeがスタート(4月)
  • パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちが公開(8月)
  • 歌手のマイケル・ジャクソンさんが性的虐待の容疑で逮捕、2005年に無罪判決(11月)
  • イラク元大統領のサダム・フセインをアメリカ軍が拘束(10月)

続きを読む >>

2002年(平成14年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2002年(平成14年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第19回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2002年に起きた主な出来事は以下の通りです。
流行語が生まれた時代背景として参照ください。

  • ユーロ紙幣・硬貨が流通開始(1月)
  • 冬季五輪「ソルトレイクシティオリンピック」が開幕(2月)
  • 中国国際航空129便墜落事故が発生(4月)
  • 中国北方航空6136便放火墜落事件が発生(5月)
  • 日本と韓国で共催の2002 FIFAワールドカップ開幕(5月)
  • 小泉首相が日本の首相として史上初めて朝鮮民主主義人民共和国を訪問(9月)
  • バリ島で爆弾テロ事件発生(10月)
  • 北朝鮮に拉致されていた日本人5人が帰国(10月)
  • ロシアのモスクワで劇場占拠事件発生(10月)
  • アルゼンチン政府は世界銀行向けデフォルト(債務の不履行)発表(11月)

続きを読む >>

2001年(平成13年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2001年(平成13年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第18回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2001年は21世紀が開始した年です。
この年に起きた主な出来事は以下の通りです。
流行語が生まれた時代背景として参照ください。

  • ウィキペディア英語版開設(1月)
  • ビル・クリントンに代わりジョージ・W・ブッシュがアメリカ合衆国大統領に(1月)
  • コロンビア邦人副社長誘拐事件(2月)
  • 情報公開法が施行(4月)
  • 第87代首相に小泉純一郎さん就任(4月)
  • 附属池田小事件(6月)
  • 明石花火大会歩道橋事故(7月)
  • 歌舞伎町ビル火災(9月)
  • 東京ディズニーシーがオープン(9月)
  • アメリカ同時多発テロ事件(9月)
  • シベリア航空機撃墜事件(10月)
  • アメリカ炭疽菌事件(10月)
  • デジタルオーディオプレーヤーiPodの第1世代が発売(10月)
  • 愛子内親王誕生(12月)

次にこの年の流行語で印象に残るワードを挙げてみます。
まずは年間大賞の「小泉語録」。
発言や行動の1つ1つが注目され話題になっていた当時の小泉さんの人気が伺えます。

トップテンからは「塩爺」。
その見た目と愛称が本当によくマッチしていて、うまいこと考えるなぁと思っていました。

そして「DV」(ドメスティック バイオレンス)。
現在でも増加傾向にあるようですが、大切な人に暴力を振るうという思考がまったく理解出来ません。

続きを読む >>

2000年(平成12年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2000年(平成12年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第17回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているワードを挙げてみます。
大賞の「おっはー」。
慎吾ママ、おはスタだけじゃなく色んな番組やイベントに引っ張りだこの状態でした。
あとみんなこの時期携帯メールで「おっはー」って使ってましたね。

同じく大賞の「IT革命」。
この頃はまったく業界とは無縁だったので、何がすごいのかわかりませんでしたが、今ではもう様々な場所で当たり前となるくらいの勢いで普及しました。

そしてトップテンの「パラパラ」。
当時はネットで動画を見る事もできず、振り付けが録画されたビデオテープは友達の間で貸し借りしながら覚えたり、バーやイベントスペースなどで講習なんかもありました。

続きを読む >>

1999年(平成11年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1999年(平成11年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第16回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

この年より前は調べないとわからないワードが多かったですが、このあたりから見ただけで思い出せるようになってきました(1980年生まれ)。
印象に残っているのはトップテン入賞の「だんご3兄弟」。行くとこ行くとこで耳にしました。

「癒し」はこれまであまり使われてない言葉だった記憶がありますが、これ以降はもう普通に使われる言葉としてしっかり定着していますね。

そして「iモード」。端末(携帯電話)の画面は白黒で小さく通信速度は数kbほどだったと思いますが、2016年現在での携帯電話は画面はフルカラーで大型、タッチパネルに音はステレオ、通信速度は100MB越えという、このものすごいスピードで進化しているのは興味深いですね。

続きを読む >>

1998年(平成10年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1998年(平成10年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第15回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているのは大賞の「だっちゅーの」。
当時高校生でしたが学校でも流行ってました。2人の独特の雰囲気と素人感がよかったですが、しばらくブームが続くもののあっという間にきれいさっぱり消えてしまった印象。

トップテンのショムニも流行ってました。個性あふれる登場人物が面白く、江角マキコもかっこよかったですね。

続きを読む >>