2001年(平成13年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2001年(平成13年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第18回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

2001年は21世紀が開始した年です。
この年に起きた主な出来事は以下の通りです。
流行語が生まれた時代背景として参照ください。

  • ウィキペディア英語版開設(1月)
  • ビル・クリントンに代わりジョージ・W・ブッシュがアメリカ合衆国大統領に(1月)
  • コロンビア邦人副社長誘拐事件(2月)
  • 情報公開法が施行(4月)
  • 第87代首相に小泉純一郎さん就任(4月)
  • 附属池田小事件(6月)
  • 明石花火大会歩道橋事故(7月)
  • 歌舞伎町ビル火災(9月)
  • 東京ディズニーシーがオープン(9月)
  • アメリカ同時多発テロ事件(9月)
  • シベリア航空機撃墜事件(10月)
  • アメリカ炭疽菌事件(10月)
  • デジタルオーディオプレーヤーiPodの第1世代が発売(10月)
  • 愛子内親王誕生(12月)

次にこの年の流行語で印象に残るワードを挙げてみます。
まずは年間大賞の「小泉語録」。
発言や行動の1つ1つが注目され話題になっていた当時の小泉さんの人気が伺えます。

トップテンからは「塩爺」。
その見た目と愛称が本当によくマッチしていて、うまいこと考えるなぁと思っていました。

そして「DV」(ドメスティック バイオレンス)。
現在でも増加傾向にあるようですが、大切な人に暴力を振るうという思考がまったく理解出来ません。

続きを読む >>

2000年(平成12年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

2000年(平成12年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第17回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているワードを挙げてみます。
大賞の「おっはー」。
慎吾ママ、おはスタだけじゃなく色んな番組やイベントに引っ張りだこの状態でした。
あとみんなこの時期携帯メールで「おっはー」って使ってましたね。

同じく大賞の「IT革命」。
この頃はまったく業界とは無縁だったので、何がすごいのかわかりませんでしたが、今ではもう様々な場所で当たり前となるくらいの勢いで普及しました。

そしてトップテンの「パラパラ」。
当時はネットで動画を見る事もできず、振り付けが録画されたビデオテープは友達の間で貸し借りしながら覚えたり、バーやイベントスペースなどで講習なんかもありました。

続きを読む >>

1999年(平成11年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1999年(平成11年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第16回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

この年より前は調べないとわからないワードが多かったですが、このあたりから見ただけで思い出せるようになってきました(1980年生まれ)。
印象に残っているのはトップテン入賞の「だんご3兄弟」。行くとこ行くとこで耳にしました。

「癒し」はこれまであまり使われてない言葉だった記憶がありますが、これ以降はもう普通に使われる言葉としてしっかり定着していますね。

そして「iモード」。端末(携帯電話)の画面は白黒で小さく通信速度は数kbほどだったと思いますが、2016年現在での携帯電話は画面はフルカラーで大型、タッチパネルに音はステレオ、通信速度は100MB越えという、このものすごいスピードで進化しているのは興味深いですね。

続きを読む >>

1998年(平成10年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1998年(平成10年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第15回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているのは大賞の「だっちゅーの」。
当時高校生でしたが学校でも流行ってました。2人の独特の雰囲気と素人感がよかったですが、しばらくブームが続くもののあっという間にきれいさっぱり消えてしまった印象。

トップテンのショムニも流行ってました。個性あふれる登場人物が面白く、江角マキコもかっこよかったですね。

続きを読む >>

1997年(平成9年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1997年(平成9年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第14回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているのは大賞の「失楽園」。
当時テレビでやたらと耳たのを覚えています。

それとトップテンの「たまごっち」。
学校でも電車の中でもよくやっている人を見かけまし、人気にあやかった模倣商品も販売されていました。

そして「透明な存在」。
神戸連続児童殺傷事件の犯人が自分を表現した言葉ですが、2016年になった今になって著者を「元少年A」として「絶歌」という本を出版し批判を浴びると共に住所も特定されるなどの動きを見せています。
当時高校生で細かい部分までは理解していませんでしたが、後に知った事件の詳細な流れは恐怖を覚えました。

続きを読む >>

1996年(平成8年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1996年(平成8年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第13回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

印象に残っているのは大賞の「自分で自分をほめたい」です。
当時高校生でしたが、有森さんが涙を堪えながら言葉を搾り出している姿はとても美しく感動的でした。

トップテンには「援助交際」「チョベリバ」「ルーズソックス」と女子高生に関連するワード(アムラーも?)が3つ入っており、1985年の「ネバカ」に見られるような、女子大生がちやほやされ注目されていたこれまでの時代から、女子高生にシフトしている様子が伺えます。

チョベリバは今聞くと一周回って面白く感じてしまいますね。

続きを読む >>

1995年(平成7年)の「日本新語・流行語大賞」一覧と解説

この記事のカテゴリ
マーケティング / 業界用語
この記事に付けられたタグ

1995年(平成7年)の日本新語・流行語大賞です。1984年から開始され、この年は第12回に当たります。

前年・翌年と、すべての年の流行語についてはこちらをご覧ください。

この年は大賞のメジャーリーグでの野茂さんの活躍で「NOMO」、阪神・淡路大震災の「がんばろうKOBE」が印象に残っています。

トップテン入賞の「DA.YO.NE」は学校でもすごく流行ってました。日本のヒップホップミュージックのさきがけとも言える曲ですね。
そして「インターネット」がこの年に入賞してきました。今や当たり前になり過ぎてこれ以前の時代にインターネットがなかったというのが何か不思議な感覚です。

続きを読む >>