「時線」とは?ツイッターやSNSで使われる時線の意味と使い方を解説

この記事のカテゴリ
インターネットスラング
この記事に付けられたタグ

時線とは「タイムライン」(timeline)の事で、「タイム」を「時」に、「ライン」を「線」にとそれぞれ日本語に置き換えて「時線」と表記した用語です。
読み方は「じせん」または変換前と同じ「タイムライン」と言います。

タイムラインの直訳での意味は「時間表」や「行動計画表」ですが、SNSなどネット用語として使われる場合は出来事やイベントを時系列で一覧に表示した画面を指します。
ツイッターで言うと、ログインした直後のフォローしているユーザのつぶやきや自分のつぶやきが時間順に並んでいる画面の事を「タイムライン」と呼びます。
詳しくはこちら「タイムラインとは?」(作成中)をご覧ください。

時線
ツイッターの時線(タイムライン)

以下のような使い方や表現があります。

  • 今日は時線が落ち着いてるな
  • 時線が荒れてるけど何かあったの?
  • なりきり系の時線ながめてる
  • 時線が流れすぎて追いつけない
  • 時線が静か過ぎ

基本的には「タイムライン」をそのまま置き換えて使えます。
例えば、「タイムライン汚し(荒らし)」という用語がありますが、これを「時線汚し(荒らし)」といった表記です。

特にツイッターでよく見かける用語ですが、Facebookなどのようにタイムラインが存在する他のSNSでも使用できます。
ただし、まだあまり普及していない言葉の上、使っている人も少ないため見ている方に通じない可能性が高いです。

他にもツイッターの用語をまとめています。
ニコ生やツイキャスの用語もあるのでよかったらご覧下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「時線」とは?ツイッターやSNSで使われる時線の意味と使い方を解説
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。