大根の上・真ん中・下それぞれの味や特徴、向いている料理を解説

この記事のカテゴリ
食品 / 料理 / 食べ物
この記事に付けられたタグ
大根の上下

大根の上半分・下半分、それぞれの用途や合う料理をまとめました。

スーパーなどで売られている大根は、すでに上下に切り分けられてることも多いですが、どちらを買っていいか迷っちゃいますね。
実は大根の上の部分(葉がある方)と、下の部分で味が違うんです。

用途や料理によって使い分ければより美味しく大根を食べることが出来ますので、まるごと1本買ってきた方もどっちを買うか悩んでいる方も、下記の一覧を参考にしてみてください。

大根の上下だけでなく真ん中部分についてもあわせて掲載しました。

部位 特徴 料理
上の方 大根の部位で一番甘みのある部分。
水分を多く含んでいて、食感も良いです。
生食、サラダ、酢の物、(辛くない)大根おろしなど
真ん中 水分も適度に含みそれほどの辛みもないので、様々な料理に使える万能な部分。
煮物はここがおすすめです。
煮物、ふろふき大根、おでん、ぶり大根、(適度な辛みがある)大根おろしなど
下の方 水分が少なく辛みがあり、繊維が多いです。 味噌汁、汁物の具材、きんぴら、漬物など、(辛みのある)大根おろし
LINEで送る
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。