文末に付ける「←」(左矢印)の意味は?

この記事のカテゴリ
ネット用語 / 俗語 / 2ちゃんねる
この記事に付けられたタグ

TwitterのつぶやきやFacebook・mixiなどのSNS、2ちゃんねるなどの掲示板の書き込みで「」のように左向きの矢印をコメントや文の最後に付けたものを見かけますが、これは自ら書いた文に対しての「ツッコミ」を意味します

例えばこんな感じ。

  • 今日も俺一番輝いてた←
  • お前の事守ってやる←
  • イケメンだからしょうがない←

普通に書き込むと恥ずかしいような内容でも、この矢印を付け加えると堂々と書けそうです。
ただし「←」の意味がわからない人には通じないので、ただの痛い書き込みと見られる可能性もあるので注意。

いつ頃から使われだしたのかははっきりしませんが、以前は以下のようにつっこみの言葉も書く形だったようです。
それが省略された形で矢印だけの記号になったと思われます。

今日も俺一番輝いてた←いいかげんにしろ
お前の事守ってやる←まずはお前が仕事探せ
イケメンだからしょうがない←嘘ですすいません

また、上記のように自分の発言(書き込み)をつっこむ場合だけでなく、他人のを引用してつっこむパターンが存在します。
ニュースやブログから痛い表現や不自然なフレーズであったり、突っ込みどころがある場合などは、その箇所を抜き出して引用し、つっこみを入れる場面も見られます。
例:40歳無職←
(事件などで報道された犯人の情報が40才無職だった時など)

他にも文末で使われる記号にはこんなのがあります。

  1. 「///」恥ずかしさを表現しています
  2. 「()」(笑)の笑を略してカッコだけにしたもの
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 文末に付ける「←」(左矢印)の意味は?
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

関連記事

コメントを書き込む

コメントは承認後に公開されます。メールアドレスは公開されません。
*」は必須項目です。